Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スコットランド、選手の感染防止違反に政府が怒り。開幕直後のリーグ中断も? 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 スコットランド王者セルティックの所属選手が新型コロナウイルスの感染防止プロトコルに違反したことなどにより、政府が国内リーグの中断を勧告する可能性を検討する事態に発展している。英『スカイ・スポーツ』などが伝えた。  行動が問題視されているのはセルティックに所属する25歳のDFボリ・ボリンゴリ=ムボンボ。同選手は数日前にスペインへ旅行し、英国への再入国後にプロトコルにより規定された自主隔離を行わないまま、9日に開催されたスコティッシュ・プレミアシップ第2節のキルマーノック戦に出場したという。クラブは同選手の行動について試合後まで把握していなかったとのことだ。  先週末のリーグ第2節では、8日に予定されたセント・ジョンストン対アバディーン戦も、アバディーンの選手2人の新型コロナ陽性が判明したことで政府の指示により延期された。アバディーンでは1週間前の開幕戦の試合後に選手8人が町中のバーに集まっていたとして問題視されていた。  これらの状況を受け、スコットランド政府はリーグ戦の中断の可能性を検討するという声明を出した。「クラブおよびサッカー協会に事実関係を確認している。深刻な事案が発生したことが確認されれば、中断が必要であるかどうかを検討せざるを得ない」と政府は述べている。  また、スコットランドのニコラ・スタージョン首相は「今週のアバディーンやセルティックの試合が行われるとは思うべきではない」と述べ、少なくとも当該チームの試合については延期を勧告。「今回はイエローカードだと考えるべきだ。次回はレッドカードになる」と、これ以上の違反が繰り返された場合は強硬な措置を取る姿勢を示した。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】