Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“高級食パン”食べたことある人は5割以上!? 食パンの気になるあれこれ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

ブームの食パン、女性では4人に1人が「ほぼ毎日」食べている

4月12日は「パンの記念日」です。日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネットは、ニュースレター『From プラネット』にて、今ブームの「食パン」をテーマにアンケートを実施。 話題の“高級食パン”についても調べ、男女別やエリア別の傾向を探りました。 まずは、どのぐらいの頻度で食パンを食べるかを聞きました。 すると、「ほぼ毎日」が2割超。男女別では女性のほうが高く、4人に1人程度が「ほぼ毎日」食べていました。 性年代別では、「ほぼ毎日」も「週1回以上」計も、年代が上がるほど高くなっています。70代以上の男性では4割近く、女性では4割を超えました。高齢層の人は和食を好むというイメージに反する結果です。加齢に伴い、和食より手間が少なくボリュームも軽い食パンが好まれるのかもしれません。また、もしかしたら若年層では、食パンより、ほかのパン(クロワッサン、菓子パンなど)をもっと食べている可能性もありそうです。

マーガリン派 vs バター派!

次に、食パンに塗ったりトッピングしたりするものを調べました。 すると1位は「マーガリン」、僅差で「バター」が2位。健康志向の影響か、バターが注目されていますが、「マーガリン」が「バター」を制しました。ただし、女性では「マーガリン」と「バター」はほとんど同率。さらに性年代別では、男性の20代と30代、女性の20代~40代と70代以上では「バター」が1位でした(30代では「マーガリン」と同率1位)。中年以下の層や女性にバター人気が広がっています。男女別では、「チーズ」が女性で高いことも特徴的です。 気になるのが3位の「ジャム」。男性の30代と70代以上で他の性年代より高く、特に70代以上では「マーガリン」を抑えて1位。甘い物を食べる習慣が少ない男性の高齢層にも食べやすいのかもしれません。

パン好きなら食べたい“高級食パン”…よく食べているのは男性?女性?

近年、各地に専門店ができている“高級食パン”。行列ができるほどの人気ぶりです。とはいえ、2斤で800円以上するなど、少々高めの価格設定。実際にどの程度の人が食べているのか気になります。そこで、“高級食パン”を食べたことがあるかを聞いてみました。 すると、「(日常的にではないが)食べたことがある」が半数超。「食べたことはない」の4割を上回りました。また男女別では、女性のほうが「食べたことがある」が高くなっていました。多少高くても、食べている人がけっこういますね。続いて、“高級食パン”を食べたことがある人に、食べる頻度を聞きました。すると、「上記(2~3か月に1回程度)以下の頻度(または、これまで1~2回食べたことがある程度)」が半数近く。男女別では、女性のほうが上回っていました。気になって試してみたものの、1~2回しか食べたことがない人が多いようです。 とはいえ、裏を返せば残りの半分は、一度食べたらまた食べたくなり、定期的に食べている“リピーター”だということ。最も多いのは「2~3か月に1回程度」食べている人で、男女ともに2割強。一方で、男性では「週に1回以上」食べている人も約1割と、女性を上回りました。「食べたことがある」人は女性のほうが多いのに、より日常的に食べているのは男性でした。

【関連記事】