Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナワクチン「第2世代」、開発はスピードより効果を重視

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を終わらせるためのワクチン開発で重要なのはスピードだけではない。

多くの企業や大学は、開発競争で最初にゴールすることはないであろうワクチンにも可能性を見いだしている。そうした「第2世代」のワクチンはより多くの感染を予防し、持続的な免疫力を提供し、高齢者や健康弱者を守り、世界各地で大量供給を実現する可能性がある。これらの利点は先駆的ワクチンには提供できないかもしれない。

「ウサギかカメか」。ワクチン接種を推進する国際非営利団体ガビのセス・ バークレー事務局長はこう語り、「われわれが使い始めるワクチンが理想的ではなく、後から別のワクチンに移ることもあるかもしれない」と指摘した。

新型コロナワクチンの開発で先頭集団を追いかける企業の中には、仏サノフィや英グラクソ・スミスクライン、米メルクなども含まれる。これら企業はワクチン候補のヒトへの臨床試験はまだ行っていないが、50万人を超える死者が出ている新型コロナの感染を食い止める有力な候補として浮上している。

新型コロナによる死者、世界で50万人突破-パンデミックが加速

医療慈善団体ウェルカムでワクチン部門を統括するチャーリー・ウェラー氏は「今はすべてが検討段階だ」と指摘。「あまりにも課題が多いため、一部のワクチン候補は脱落する可能性がある。だからこそ、われわれには複数のアプローチが必要なのだ」と語った。

新型コロナワクチン、1年半で完成するのか-期待先行を専門家は警告

最近の米国での感染再拡大は、新型コロナと闘うには信頼できる治療薬やワクチンが必要であることを再認識させるものだ。

ガビのバークレー氏は一部のワクチンについて、実証済みの方法をベースにゆっくりとしたペースで開発が進んでいるとし、それらワクチンは1回の投与で有効であったり、他にも使いやすい特徴があったりする可能性があると指摘。「強固な免疫が証明されているのであれば、従来のワクチンの一部は特に魅力的かもしれない」とインタビューで述べた。

【関連記事】