Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋の有料化「汚染克服」の一歩となるか 海洋学者が出した答えとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 プラスチック製のレジ袋が原則有料となった。プラスチックごみが海に流れ出し、海洋汚染につながるのを防ぐ目的だ。買い物でレジ袋を利用する場合、コンビニ店では3円前後が求められる。一方で、レジ袋は日本で発生するプラごみ量の数%に過ぎないとの指摘もある。実際に海に出て、プラごみの実態を調査してきた専門家は、レジ袋の有料化をどう見ているのだろうか。東京海洋大学准教授の内田圭一さんに解説してもらった。  ◇ ◇ ◇  ▽プラごみ、南極にも  7月1日からレジ袋の有料化が始まりました。「どうして」と感じている方も多いと思います。その理由の一つは、海洋におけるプラスチックごみ汚染の実態が進み、その汚染が私たちの日常生活に差し迫っていることが明らかになり始めたからです。  私たちが使ったプラスチック製品のうち、適切に処理されなかった一部が海洋に流出しています。そして流出したプラスチックは、海岸などに漂着した際に、紫外線や波風によって劣化して微細化していきます。この微細化したプラスチックのうち5ミリ以下の物がマイクロプラスチック(以下MP)と呼ばれるもので、ぱっと見たところ、その存在を確認するのは困難です。

 最近の研究から、日本の周辺海域でのMPの濃度は世界的に見ても一桁高い(1立方メートル当たり3~4粒)ことや、MPは南極の海にまで広く分布していることなどが明らかになっています。  実はこのMPが世界で最初に発見されたのは1970年代になります。決して新しい問題ではないのです。その頃からすでに海洋中に蓄積が始まっていたのですが、今のように注目されることはありませんでした。しかしMPが天日干しの塩や一部の魚介類の胃内容物から見つかるようになったことで、いよいよわれわれの身近な問題として注目され、危機感が高まってきたのです。  ▽レジ袋有料化は有効か  それでは、レジ袋の有料化は、対策としては十分と言えるのでしょうか。スーパーなどで目にする生鮮食品の個別包装を見ていると、レジ袋だけが悪玉にされ、なんだかかわいそうという気持ちにさえなってきます。  有料化から約3週間たった海の日の7月23日、私は地元の海辺を歩いてみました。わが家は、この海で釣りをしたり泳いだり海のレジャーを楽しんでいます。その際、海面を漂ったり海岸に漂着したりするレジ袋やペットボトル、発泡スチロール片、食品容器の空き箱などをよく見かけていました。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS