Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「南極基地で出産」は漫画だけ? やっぱり厳しい医療事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「日本では助かるものが助からない場合や、残らない後遺症が出る場合がある」。6月の第61次南極観測隊の合宿中に、こんな説明を受けた。観測隊同行中に病気になったらどうなるのだろう? 南極には観測隊員の医師2人が行くが、もちろん、国内と同水準の医療が受けられるわけではない。「医療の現状と限界、危険について説明を受け、その内容を理解し、家族に同意を得た上で観測隊への参加を承諾致します」。観測隊員も同行者も、この仰々しい承諾書を提出せねばならない。  ▽最高の医療水準だけど  合宿では、第58次隊の医療隊員だった服部素子(はっとり・もとこ)さんがまとめた資料や「南極における医療の現状と限界」というタイトルの文書を受け取った。そこにはこうあった。  昭和基地では全身麻酔での手術が可能で、エックス線、胃カメラもできる。医薬品も計画的に持ち込んでいる。南極にある他国の基地と比べ「昭和基地以上の医療水準を持つ基地はない」―。

 ただ、国内の外科手術は通常、外科医2人、麻酔科医1人、看護師2人で行われる。が、南極には看護師も検査技師もいない。日本にいれば、治療を受けた病院で対応できない症状がある場合、より高度な医療が受けられる病院への搬送が可能だ。南極でも、夏期は患者を飛行機で文明圏へ搬送できる可能性があるが「冬期の救出活動は不可能」だそうだ。  ▽帰国命令がでることも  起こってしまって困ることとして例示されたのは、重大なけが、大動脈解離など多量に出血する疾患、心筋梗塞など。第61次隊の医師、小嶋秀治(こじま・ひではる)さん(46)によると、大動脈解離の場合、まずCTなど診断に必要な機器がない。その上「国内であっても危険な病気。医師の専門性の問題もあるし、大きな手術には、越冬期間中に基地にいる医師2人では対応できない」という。小嶋さんの専門は家庭医療と整形外科だ。  なるほどそうだろうなあ、と思う。そして意外なことに「妊娠、出産」も起こっては困る、とされていた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS