Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楊奇真(関西学院大)の用具紹介|俺の卓球ギア#79

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

卓球人のこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。 第79回となる今回は、2020年秋季関西学生リーグで4戦4勝をあげ敢闘賞を受賞した楊奇真(ようきしん・関西学院大)の卓球ギアを紹介する。 【写真】豪快なバックハンドを放つ楊奇真

楊奇真の卓球ギア

戦型  右シェーク裏裏 ラケット  キョウヒョウ龍5(FL・紅双喜) ラバー  フォア:キョウヒョウneo3(特厚・Nittaku)  バック:V>15 Extra(MAX・VICTAS) ユニフォーム  関西学院大のユニフォーム こだわりのもの  サッカーボール  ファイテンのネックレス ※ギアは2020年9月時点のもの

1つのオープン戦がターニングポイントに

静岡学園高から関西学院大に進んだ楊は、関西学生卓球選手権シングルスベスト16(ランク入り)、関西学生リーグ優勝、全日本大学総合選手権・個人の部(全日学)ベスト32と実績を残した。 今では関西大学卓球界を代表する選手の1人となった楊だが、大学2年生までは「勝つことにあんまり貪欲でなかった」と振り返る。楊を変えたのは、大学2年生の愛知フェスティバルという団体戦形式のオープン戦だ。 「愛知フェスティバルでほとんど試合に勝てず、自分自身勝ちたいと思っても気持ちが足りず、メンタル面がひどくやられ落ち込んでいました。しかし、学校に帰って先輩たちが1から指導してくださり、また同期からも励まされて少しずつ抜け出すことができました。そこから勝ちに対して貪欲になることができ、1試合1試合全力で勝ちに行くようになりました」。 先輩・同期の支えもあり、卓球選手として心を入れ替えた楊は、関西学院大のレギュラーとしてチームを支えている。

思い出に残ったのは全日学3回戦

その後、2019年の全日学ではランク決定戦の4回戦まで勝ち上がった。楊自身は一番思い出に残った試合としてあげており、特に中央大のレギュラーである小野寺翔平と対戦し、フルゲームの末勝利を収めた3回戦が印象的だという。 「今まであまり目立った成績もなく、強い選手に公式試合で勝ったことがなかった。でもこの大会だけは全試合勝てるように対策して行った結果、勝つことができました。ほとんどなかった自信がかなりつきました」。 勝つために自己分析をし、そこで出た課題を少しずつ克服、さらに相手の情報や動画をできる限り見て分析と、全日学前は自らと相手の研究に力を入れ、結果に結びつけた。全国での結果が楊に更なる自信を植え付け、2020年の秋季関西学生リーグで4戦4勝の成績を残し、敢闘賞を受賞した。

【関連記事】

最終更新:
Rallys