Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ「フォルツァ」に乗って再発見!? あらためて感じる250ccスクーターの余裕と快適性

配信

バイクのニュース

 走り出しても、やはり感じたのは「余裕」でした。信号でのスタートダッシュから60km/hくらいまでの加速は、125ccから150ccクラスとそれほど変わらないかもしれません。ただ、排気量が小さいとエンジン回転を目いっぱい上げてパワーを出すのに対し、250ccクラスだとそれほどエンジン回転を上げずにトルクで加速する感じで、同じスピードであっても振動が少なく、ゆったりと走り疲れが少ないと感じます。船で言えば、150ccが水上バイクなら、250ccは小型のクルーザーといった感じでしょうか。  高速道路に乗り入れると、さらに違いが目立ちます。150ccクラスだと100km/h巡航はできるものの、エンジンに負担をかけている感じや、路面の荒れたところで緊張することもあります。3車線あれば左端を走っていて、たまに遅いトラックなどを追い越す際に中央車線に出る、という走り方がメインでしょう。  これが250ccクラスになると、乗用車と一緒に無理なく流れに乗ることができ、追い越し加速もスムーズです。車体が大きく、安定した快適性も感じられます。100ccほどの排気量の違いが、こういうところに出るんですね。  このフォルツァは電動スクリーンを装備しており、スイッチひとつで高さ調整が可能です。また、ホンダのスクーターでは初となるトラクションコントロールも装備しているため、滑りやすい状況でもより安全に走ることができます。

 今回、ホンダ「フォルツァ」にあらためて乗ってみて、125ccから150ccクラスに比べて250ccクラスのスクーターは「余裕」と「快適性」が段違いだな、と再認識しました。もしかしたら、また250ccスクーターが流行るかも……と考えてしまうほどです。  ちなみに他メーカーのラインナップを見てみると、ヤマハ「XMAX」、キムコ「G-DINK250i」、SYM「JOYMAX Z250」など、海外メーカーを入れても選べる数に限りがありますね。  もちろん価格や車体サイズ、原付二種の125ccクラスでは維持費の魅力もありますが、軽2輪スクーターを購入候補に挙げるのであれば、250ccクラスを検討してみてもいいのではないでしょうか?

野岸“ねぎ”泰之(ライター)

【関連記事】