Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SNSの写真投稿がブームに? エキナカ自販機「天然水ゼリー」緊急増産、販売元を取材

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 夏の厳しい暑さや、冷房による気温差で身体は慢性的な水不足になりがち。そんな中、駅の自販機で販売されている“ある飲み物”がSNSで話題を集めている。 【映像】強く振って!! 「天然水ゼリー」を振りまくる田中萌アナ(2分ごろ~)  話題になっているのは、今年3月にエキナカ自販機で発売された「From AQUA 天然水ゼリー」(税抜130円)。4カ月で当初予測を上回る売れ行きで、緊急増産が決定し、約174%の出荷を記録している。

 SNSを覗くと「興味本位で買っちゃった」「怖いもの見たさで買ってみたけどなにこれおいしい(笑)」「すっかりハマってしまった」「水ゼリー今日は売り切れてた…」などの声が寄せられており、購入後にSNSに写真投稿することがブームになっている模様。  なぜ「From AQUA 天然水ゼリー」が人気なのか、ニュース番組「ABEMAヒルズ」では実際に飲んでみることに。ボトルを強く振ってから飲むと、田中萌アナも「ラムネゼリーみたいでおいしい」と太鼓判を押した。  スタッフが販売元であるJR東日本ウォータービジネスの担当者を取材すると「一昨年より『水をおいしく飲める』をコンセプトに無糖フレーバーウォーターを販売している。今年は新たに『水を楽しく飲める』がコンセプトの“ゼリー飲料”を販売した」と開発の経緯を告白。「ツルンとした食感や透明な見た目とラムネ味のギャップが楽しい一品」になっているという。  さらに「From AQUA 天然水ゼリー」は、飲まれているタイミングにも特徴がある。購入者を時間帯別で見てみると、通常、駅の自販機で最もよく売れる時間帯は朝の7時から9時にかけて。しかし「From AQUA 天然水ゼリー」は17時台が販売のピークであり、自販機で小腹を満たす「おやつニーズ」として購入されていることがわかった。エキナカという通勤・通学者の利用が多い場所の特性上、仕事終わりや学校からの帰宅時に購入したくなる人が多いようだ。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】