Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マカオの路上で下半身露出…女性3人が被害=中国本土出身の男逮捕「暑くてチャックを閉め忘れた」など一部否認も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マカオ新聞

 マカオ治安警察局は8月3日、女性3人に対する痴漢及び露出行為でマカオで就労する30代の中国本土出身の男を逮捕したと発表。  警察によれば、7月初旬にマカオ半島北部の路上で見知らぬ男に尻を触られたとする女性、見知らぬ男から突然下半身を露出されたとする女性から相次いで通報があり、事件発生現場周辺におけるパトロールを強化して臨んでいたとのこと。  7月29日夜、警察官が2つの事件の現場近くをパトロールしていた際、挙動不審の男を発見し、約10分ほど尾行したところ、男の近くを通りがかった通行人の女性が驚いたように男から距離を置いたことから、すぐに男を制止。女性に事情を聞いたところ、対向して歩いて来た男が突然ズボンの中に手を入れて下半身をまさぐったとし、怖くなって離れたと説明したとのこと。男は現場で自身のわいせつ行為を認めたため、身柄を拘束された。  その後の調べで、7月上旬に発生した2つの事件の容疑者と風貌が似ていたことから、被害者に捜査協力を要請。面通しの結果、この男に間違いないと確認が取れたが、男はこの2件については「意図せず不意に手が当たっただけ」や「暑くてチャックを閉め忘れていたところをたまたま相手に見られてしまった」などと話し、関与を否定したという。ただし、警察に総合的な調査で、裏付けが取れたことから、男を7月29日の事件と合わせてセクシャルハラスメント罪及び露出行為罪で検察院送致したとのこと。

【関連記事】