Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA・オースティン 開幕が待ち遠しい注目の助っ人/牙を研ぐ助っ人たち

配信

週刊ベースボールONLINE

 早く開幕を迎えたかったのが本音だろう。DeNAのオースティンは今季のプロ野球で最も注目される新外国人選手の1人と言っていい。鮮烈な2打席連続アーチで始まったオープン戦は、終盤も大きく失速することなく12球団最多タイの4本塁打を記録した。チームトップの打率.343と確実性も示し、今季よりメジャーへと活躍の場を移した筒香嘉智の抜けた穴を十分に埋めるだけの期待感を抱かせている。  12安打のうち長打は10本を数え、長打率は驚異の.857に上った。メジャー・リーグ通算34本塁打のパワーは試合前の打撃練習から一目瞭然だが、6本の二塁打は積極走塁でもぎ取った側面もある。例えば3月14日の日本ハム戦(札幌ドーム)で1回一死二塁から左翼線に放った先制打。左翼手・近藤の捕球位置は浅かったが、オースティンは迷わず一塁ベースを蹴って加速し188センチ、100キロの巨漢を頭から二塁に滑り込ませて自軍ベンチを沸かせた。  当の本人は「自分はクロスプレーになるときは基本的にヘッドスライディングだよ」と意に介さず、オープン戦でも「チームの勝利に貢献できてうれしい」と繰り返す。日本選手以上にメジャーでは個人スタッツよりもチーム成績への意識が強いとされるが、名門ヤンキース育ちの振る舞いにはそのメンタリティが強くにじむ。  モデルの妻ステファニーさんと異国で過ごす1年目。新型コロナウイルスの不安にも「球団が常に情報をくれているよ」と言い、NPBの対応にも「無観客試合というベストな選択をした。試合をできて日本の野球を学ぶ貴重な時間となる」と感謝した。真摯な人間性はファンの心もすぐにつかむだろう。 写真=高原由佳

週刊ベースボール

【関連記事】