Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

どのくらいのテレビを選べばいい?部屋の広さから考える高音質テレビの選び方

配信

&GP

ゴールデンウィークが終わり、6月が近づくといよいよ梅雨シーズン。長雨が続くなら、いっそ普段はなかなか観られない映画やドラマを動画配信サービスなどで一気に楽しんでしまうのもひとつの手だ。そして、存分に満喫するには “部屋の広さ” に適した映像&音響機器をそろえるのがベスト。そこで、部屋の広さに合わせて、画像がきれいなのはもちろん音響性能も優れたテレビを紹介していこう! 【詳細画像はこちら】

内蔵スピーカーだけでも高音質の機種が多数出ている

4~6月は各メーカーとも薄型テレビの新機種を投入してくる時期。家にいる時間が長くなるのであれば、ちょっといいテレビに買い替えて、ネット配信の映画やドラマを楽しむようにしてはどうだろうか。 「ネット配信の映画などは、画質はもちろんのこと、音響にこだわった作品もあります。そこで、テレビ単体でも音質の良いモデルを選んでみてはどうでしょうか」とAVライターの折原一也さん。 確かにテレビというと、どうしても注意が行くのが画質。しかしいくら高精細ディスプレイで名作を観たとしても、音質がよろしくなければ楽しさも半減してしまう。 「以前はテレビを高音質で観るというと、外部スピーカーを接続するのが一般的でしたが、近頃は内蔵スピーカーだけで臨場感のある音響を再現できる製品が出てきています。ネット配信で映画やドラマなどを視聴する需要が高まっているので、メーカー側もそれを意識し始めているんです」 そこでポイントとなってくるのが、部屋の広さとディスプレイのサイズ。メーカーは最適な視聴距離を取ってこそ、最適な音響環境で視聴ができるようにテレビを設計している。それを考えて機種選びをしよう。 【教えてくれた人】 AVライター折原一也さん PC系出版社の編集者を経て独立。オーディオ・ビジュアル専門誌やモノ雑誌、Web媒体などで製品のレビューをはじめ、様々な記事を執筆。ハイスペック製品だけでなく、コスパの良い商品セレクションなどもカバー。 2009年からオーディオビジュアルアワード「VGP」の審査員も務める。

【関連記事】

最終更新:
&GP