Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「映画は現実より遅れてやってくる」:ダルデンヌ兄弟が語る最新作『その手に触れるまで』と「いま起きていること」

配信

nippon.com

松本 卓也(ニッポンドットコム)

新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていた新作映画が、6月に入って続々と登場する。その一つが、昨年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したダルデンヌ兄弟の『その手に触れるまで』。予定の5月22日から3週間遅れの6月12日(金)公開となった。イスラム過激思想に感化されて罪を犯した少年の、更生の道を歩み始めて揺れ動く心情が細やかに描かれる。

ベルギーのダルデンヌ兄弟は、ごく普通の人々の日常を丁寧な描写でリアルに再現しながら、現代社会が抱えるさまざまな問題にアプローチしていく作風に定評があり、1999年の『ロゼッタ』以来、監督した8作が連続してカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されている名匠だ。同映画祭での2度にわたるパルムドール(99年、2005年)ほか、これまでに数々の賞を獲得してきた。 4月上旬にはプロモーションで来日するはずだった兄ジャン=ピエールと弟リュック。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、代わりにベルギー(ジャン=ピエールはリエージュ、リュックはブリュッセル)からZoomでインタビューに応じてくれた。東京や大阪など7都府県に緊急事態宣言が発令されてから最初の1日となった4月8日。すでにベルギーでは外出制限が実施されてから3週間以上が経過していた。

手を触れてはならない存在

新作の原題は『Le Jeune Ahmed』(若きアメッド)。アメッドはアラブ系の男性名(アラビア語の発音ではアフメド)で、ベルギーのマグレブ(北アフリカ)系移民家庭に生まれ育った13歳の少年を主人公とする物語だ。 序盤では、兄とともに近所にあるイスラム教の礼拝所へ熱心に通うアメッドの姿が描かれる。母は、つい最近まで無邪気にゲームに興じていた息子の変わりように混乱するが、アメッドには酒を飲む不信心な母の言葉はもはや説得力を持たない。彼が熱心に耳を傾けるのは、礼拝所で説法を行うイマーム(導師)の教えだ。 一方、読み書きなどの補習を行う放課後クラスでは、女性教師があいさつの握手を求めてくることにいら立つアメッド。イスラム教の厳格な教えでは、男性は家族以外の女性に触れてはならないのだ。加えてその教師は、歌でアラビア語を学ぶ授業を提案している。それを聞いたイマームは、「聖なる言葉を歌で学ばせるなど冒とくだ」と断罪。イマームから彼女が「聖戦の標的」だと思い込まされたアメッドは、恐ろしい行動に打って出る...。 ――内向的な性格で口数の少ないアメッドは、この時期の少年に特有の、他者からは理解しがたい雰囲気がありますね。このように謎めいた主人公を、あえて説明なしに描いていくことにどんな意図がありましたか。 ジャン=ピエール アメッドは自分ができる最善のことをしようと努める純粋な少年です。彼は自分が暮らす地区のイマームに心酔している。そうなると、イマームが最善だと考えることが、自分にとっても最善になるわけです。確かに彼は伏し目がちで、感情表現の少ない少年です。しかし、ほんのわずかな表情や動作から、心の動きを読み取ることができる。イスラム過激派の「聖戦」で殉死した従兄の写真をインターネットで見るとき、彼は明らかに幸福を感じていました。一方で、更生プログラムで出会う農場の娘と接近するときには、とまどいや笑顔も見せる。狂信によって隠されていた生命の輝きが現われ、私たちをほっとさせ、かすかな希望を抱かせてくれます。 ――アメッドが礼拝の前に熱心に手を洗うようすを長く収めていますね。彼がいかに純真に教えを守っているのかが伝わってきますが、どんな効果を狙いましたか。 リュック 礼拝の前に手や口を清める所作は、原理主義者に限らず、どんなイスラム教徒もすることです。そのほかの慣習についても、撮影の時にイスラムの専門家についてもらい、細部まで忠実に再現しました。細かすぎてイスラム教徒でさえ気付かないだろうというところまであります(笑)。今回そんな風に儀式的な所作をとらえたことに特別な意図はありません。それよりも、イマームがどうやって過激な言葉で少年を魅了し、扇動していくかを描こうと思ったのです。 ――2015年パリ同時テロの実行犯の多くが、過激なイスラム原理主義に染まった若いモロッコ系のベルギー人でした。この物語は、ごく普通の少年にもテロリストになる危険性があるという現実を示唆しているのでしょうか。 リュック アメッドを取り巻く経済的、社会的背景については詳しく描かず、宗教的な側面に焦点を当てました。私たちが見せたかったのは、狂信的な信仰の問題はとても根が深いということです。この物語のように、そこから救い出そうとする人々の善意があったとしても、それだけでは十分ではありません。この問題はこれからも長く続く可能性があります。現実の社会では、残念ながらイスラム教徒に対する雇用差別や人種主義的な言動があります。しかし彼らの一部が狂信的になるのは、仕事がもらえないからではなく、過激なイマームや組織からの誘いがあるからなんです。とはいえ、この映画で重要なのは「なぜ狂信化するか」ではありません。私たちが中心に描こうとしたのは、狂信からいかに抜け出せるかでした。

【関連記事】