Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<埼玉西武だより>常勝軍団であり続けるために いぶし銀・高木浩之、土台をつくることは自らの「使命」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 際どいボールをしぶとくカット、一、二塁間の速い打球には体をいっぱいに使って飛び込む―。 <埼玉西武だより>現役時代から練習の虫 3軍統括コーチ・田辺徳雄、下から突き上げる選手を1軍の舞台へ  1990年後半から西武で輝いた、いぶし銀の二塁手高木浩之は現在、2軍内野守備・走塁コーチを務める。持ち前の粘り強さとガッツのあるプレーで幾度となく相手ベンチを落胆させた。玄人好みの名選手だった。  そんな高木はルーキーイヤーの95年、キャンプ地マウイで並み居る黄金時代のスターたちを目の当たりに「場違いだと思いました」。そんな高木に自信をつけてくれたのが東尾修監督(当時)。「細かい技術よりも『浩之、この場面、何とかして来いよ』という感じ。僕の野球スタイルを尊重してくださいましたね」  レギュラーに定着した97年。堅実な守備と小技を確実に決める9番打者としてチームに安心感を与え、東尾政権V1の立役者の一人となった。  高木は今、ファーム本拠地の「CAR3219フィールド」の三塁コーチャーズボックスから目を光らせる。視線の先にはユニホームを真っ黒にしアピールを続ける若獅子たち。「選手たちが変わる、成長するのは試合だけではない。練習の中でも明らかに自ら何かを感じ取り“変わる”シーンがあるんです。そこを見逃さずに、『その調子だよ』と声を掛けてあげるようにしています」  現役時代も細やかなプレーでチームを支えてきた高木ならではの言葉。ウオーミングアップ、守備練習など、選手たちの動きは鮮明に映る。そして高木のアドバイスは、すぐ隣にそびえ立つメットライフドームという、夢の舞台に選手たちの気持ちを近づかせる。  「このチームを底上げしていく。この先もどんどん新しい戦力を1軍に押し上げていきたい」。ライオンズ一筋26年。このチームが常勝軍団であり続けるために、その土台をつくることは自らの「使命」だと自負する。  自身の現役時代の経験やプレースタイルについて今の選手に話すことはない。「それぞれに長所がある。それに当時と今は野球も変わっていますからね」。7月下旬、ファームも70周年記念ユニホームを身にまとい、自身も懐かしいデザインのものに袖を通した。すると若手たちは高木に近づき、こう言った。「浩之さん、やっぱりこのユニホーム、似合いますね」  直接、現役時代の話は聞かずとも選手たちは動画などで身近な存在である高木のプレーを見ていた。世代を超えた信頼関係―。これがきっと、1軍の舞台で花を咲かすための大事な肥料となる。 (埼玉西武ライオンズ広報部・田代裕大)

【関連記事】