Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「仕事の重要度」はこの10年で大きく低下、「人生は自由に動かせる」という肯定感が戻る【電通総研・同志社大調べ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

電通グループの社内組織である電通総研と同志社大学(メディア・社会心理学研究分野 池田謙一研究室)は、「世界価値観調査2019」の日本調査の結果を発表した。意識の変化について時系列比較などの分析を行っている。 「世界価値観調査」は1981年に開始され、現在およそ100カ国・地域の研究機関が参加している国際的な調査。日本における調査は2019年9月に実施されており、その結果を先行して発表するものだ。なお「世界価値観調査」はほぼ5年周期で実施されており、今回で計7回めだが、前回調査は2010年に実施されている。 調査結果の概要としては、以下の項目があげられている。 1. 「働く」ことの優先順位が低下。「仕事」への意識が大きく変化。 2. 自分の「人生を自由に動かせる」意識、増加。若年層に顕著。 3. ダイバーシティを尊重する意識、9年前に比べ向上。 4. 幸福度と生活満足度は微増で維持。 5. ジワリ広がる格差。生活レベルの意識は「上」「下」が微増。 6. 21世紀は「日本文化や伝統的価値観」を尊重しつつ、世界と協調する時代に。 7. 「政治への関心」はこの9年前に比べ減少。若年層ほど政治への意識は低い傾向。  

仕事より他のなにかが重要、人生は自由に動かせるという意識の高まり

まず「家族」「友人・知人」「余暇時間」「仕事」について「生活における重要度(非常に重要+やや重要)」を聞くと、今回調査では「仕事」が他に比べ大きく低下した(2010年84.2%→2019年80.0%)。「働くことが大切でなくなるのは良いこと/気にしない/悪いこと」に聞くと、「良いこと」「気にしない」の合計は、2010年の21.1%から2019年は42.6%と倍増しており、“仕事”“労働”に関する意識がこの10年で大きく変化したことが判明した。年代別ではやはり若い世代ほどその傾向が強い。

また、「人生を自由に動かせる程度」を「自由になる/わからない/自由にならない」で聞くと、「自由になる」という人が前回調査より増加していた(2010年50.0%→2019年58.4%)。2000年、2005年の調査では60%を超えており、2010年はいったん落ち込んだ状態だったが、その閉塞感を抜け出した段階と考えられる。