Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビジャレアル久保建英のリーガ開幕戦、ウエスカ岡崎慎司との日本人対決なるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

いよいよ今週末に迫ったラ・リーガ開幕。注目は何と言っても、ウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルの久保建英。さらに開幕初戦は、こちらもリーガ1部デビューのかかるウエスカ岡崎慎司との日本人対決だ。チーム得点王の岡崎のスタメン出場はほぼ確定だろう。

一方の久保のスタメン出場について、ラディオ・ビジャレアルのエリック・オレフエラ記者は、「(プレシーズンマッチ)バレンシア戦のスタメンが現時点でのウナイ・エメリ監督 のベストのスタメンだろう」とする。

さらにエリック・オレフエラ記者は、「今シーズンのビジャレアルは、メンバーを見ればわかると思うけど、ポジション争いは相当なものになるだろう。中盤ボランチのあたりには、バレンシアからの移籍コンビ、パレハ、コクラン、さらに背番号10番を背負うイボーラ、昨シーズンのゲームメーカートリゲロスがひしめく。右サイドにはチュクウェゼ。左ききで足が速く、技術もある。マジョルカで久保はここのポジションをやっていたけれど、チュクウェゼからポジションを奪うことは難しい。そして左にはモイ・ゴメス。ツートップにはパコ・アルカセル、ジェラール・モレーノとスペイン代表が名を連ねる。最初のスタメンは厳しい」と予想する。

しかし、プレシーズン3戦目のバレンシア戦で久保は、同点ゴールをバレンシアに決められた直後の後半22分から出場。プレシーズン5試合のうち3試合、テネリフェ、レアル・ソシエダ、レバンテ戦にスタメン出場を果たしている。R・ソシエダとレバンテ戦、ジェラール・モレーノは代表に招集されていたために出場していないことを考えると、誰かが欠けた場合、久保に出番が回ってくることは確かだ。もちろん、試合の状況、相手にもよるが、左サイドを活性化させるためにモイ・ゴメスとポジション争いということもあるだろう。

エリック・オレフエラ記者は「久保にはトップ下が適正だろう。マジョルカで地位を築いたように、少しずつあせらずやったほうがいい」と期待を込めた。

【関連記事】