Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

難病抱え欧州転戦 メダリストを突き動かす思い 「生きた証しを」 プロ転向、新たな挑戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 夢を追いかける五輪メダリストの新たな挑戦が始まった。2014年ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子団体で銅メダルを獲得した竹内択は19年5月に北野建設を退社した。現在は「チームtaku」を立ち上げ、サポート企業や個人の支援を募りながら、本場欧州を転戦する。日本で年間100人しかかからないとされる難病を抱えながら、実業団所属という安定した身分を手放してプロ活動に踏み切った。ジャンプ人気を日本で盛り上げるためだ。「日本のジャンプ界を変えたい」という熱い思いが32歳の異端児を突き動かす。(共同通信=伊藤慎吾)  12月7日、ノルウェーのビケルスン。昨季の不振で、今季開幕はワールドカップ(W杯)遠征メンバーから外れた竹内は、W杯下部のコンチネンタル杯に臨んだ。出場選手の大半は、自分よりも10歳以上若い。そんな中で、五輪3度出場の底力を見せた。飛躍には不利な強い追い風をものともせず、K点(105メートル)を軽々と越えた。110・5メートル、111・5メートルを飛び、2回ともトップの得点をマーク。プロ転向後、初めて迎えた冬の開幕を白星で飾った。

 トップ選手が参加していない大会とはいっても、重圧はあった。今後のプロ活動をスムーズに進めるためには、結果が何よりもものをいうことを十分に理解していたからだ。それだけに、試合直後にファンや支援者へ送った「開幕戦優勝しましたよ~」というLINE(ライン)のメッセージには安堵がにじんだ。  コンチネンタル杯は12月14日の第3戦が2位で、15日の第4戦で再び優勝。好成績を重ねて、年末年始にW杯を兼ねて実施されるジャンプ週間の出場枠をもぎ取った。「自力でこじ開けた。皆のパワーをもらってる感じがする」。21、22日にスイスで開かれるW杯を経て、ドイツとオーストリアに計10万人もの観客を集めて実施される伝統の4連戦へ臨む。  13~14年シーズンのジャンプ週間が人生の転機だ。大会中に体調を崩し、最終戦を欠場。帰国後の検査で、全身の血管に炎症が起きる難病にかかったことが発覚した。重いせきの症状や手足のしびれ、体重の減少―。今も治療法が確立していない病気で一時は死も頭に浮かんだという。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS