Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハイブリッドIT環境に対応するデジタルソリューション群を提供開始

配信

MONOist

 富士通は2020年6月11日、ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するソリューション群「FUJITSU Hybrid IT Service」の提供を開始した。クラウドやデータセンター、ネットワーク、セキュリティ、システム運用保守などのインフラサービスから、接続基盤、統合マネジメントポータルまでを提供する。  同ソリューションは、「マネージドサービス」「デジタルアプリケーションプラットフォーム」「デジタルインフラプラットフォーム」で構成される。マネージドサービスでは、既存システムからハイブリッドIT環境移行時に必要となるアセスメントやコンサルティング、構築、運用までをトータルにサポートする。  デジタルアプリケーションプラットフォームは、コンテナプラットフォームと業界標準のOSS、ISV、同社のミドルウェアを組み合わせて提供する。ベンダーに依存せず、オープンで信頼性の高い環境において、クラウドネイティブなアプリケーション開発や既存アプリケーションのコンテナ移行を支援する。  デジタルインフラプラットフォームでは、従来のクラウド「FUJITSU Cloud Service for OSS/VMware」を「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud」として刷新。シングルポータルで、パブリックリソースとプライベートリソースを一元管理できる。また、クラウドとデータセンターを接続するネットワーク基盤「Digital enhanced EXchangeネットワーク」、マルチクラウドやオンプレミス環境などの異なったIT基盤の構築、運用作業を一括で制御、可視化する「統合マネジメントポータル」なども提供する。  一部機能から順次提供を開始し、2020年第2四半期以降にプレフィックスやサブスクリプション形態での提供も開始する予定だ。同社では、2022年度までに同ソリューションおよび関連事業で1兆円の売り上げを目指す。

MONOist

【関連記事】