Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ごみ袋を多言語化 「外国の人にも住みよく」 5カ国語で注意文表記/兵庫・丹波篠山市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
丹波新聞

 兵庫県丹波篠山市は、市内で暮らす外国人のためにと、多言語表記の指定ごみ袋と分別カレンダーを作成した。現在使用しているごみ袋の在庫がなくなり次第、9月ごろから徐々に多言語表記のものに切り替わる。  5カ国語(英語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語)を表記。収集当日の午前8時半までに出すことなど、ごみ袋表面に書かれた日本語の注意文などを裏面に列記する。  カレンダーはNPO法人・篠山国際理解センターを通じて在住外国人に配布するほか、転入時や希望する人に市役所の窓口で渡す。  今年5月末時点で、市内に863人の外国人が居住しており、全人口の約2%。昨夏、市の女性委員会が、ごみ袋の多言語化を市に提案していた。  市市民衛生課は、「ごみの分別や暮らしのルールは、外国の人にとっては慣れるまでが大変。多言語化することで、少しでも外国の人にとっても住みよいまちになれば」と話している。

【関連記事】