Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スキンケア業界に押し寄せる インクルーシビティの波:有色人種向けブランド、トピカルズの野望

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

いまや、ベンチャーキャピタルと未公開株式投資会社までもが不公平や不平等の永続化に加担していると批難を受けているが、変化の兆しも見えている。間もなく創業する黒人経営のビューティブランド、トピカルズ(Topicals)はその一例であり、大いなる賭けに出ようとしている。 トピカルズは8月7日、自社D2Cサイト、Nordstrom.com、そしてノーズトロム(Nordstrom)のポップインストア4店において営業を開始する。同社はベンチャーキャピタルのレアラーヒプー(Lerer Hippeau)をはじめ、NetflixのCMOを務めるボゾマ・セントジョン氏、起業家ハンナ・ブロンフマン氏などから、すでに100万ドル(約1億560万円)の資金を調達している。また、共同創業者兼CEOのオーラマイド・オロウ氏はいまも、より多くの有色人種女性から出資を募り、創業までの最後の2週間でさらに資金を集めるべく動いている。業界の事情通が米DIGIDAYの姉妹サイトであるグロッシー(GLOSSY)に語ったところによれば、少なくともあと100万ドルは調達できる見込みだという。 トピカルズはCEOのオロウ氏とCPOのクローディア・テン氏(ふたとも23歳)が共同で興したビューティブランド。昨今メイクアップ業界を騒がせているコンセプトである、インクルーシビティ(包括性)をスキンケア業界へも持ち込みたいと考えている。同社の基軸は、BIPOC(黒人、先住民族、有色人種)が抱える、湿疹や色素沈着症、乾癬といった慢性的皮膚トラブルの改善に置かれている。 共同創業者のふたりは、幼い頃から皮膚疾患(オロウ氏は色素沈着症と毛嚢炎、テン氏は重度の湿疹)に悩まされてきた。ふたりとも、皮膚科学の分野で働きたいと考えていたが、前者は2015年から2017年にかけて、オーガニックスキンケアブランドのシアモイスチャー(SheaMoisture)の若い女性向け姉妹ブランド、シアガール(SheaGirl)の共同創業に携わったことを機に、針路の変更を決めた。そのときのパートナーでUCLA(University of California, Los Angeles)の学友リシェル・デニス氏は、シェアモイスチャーの創業者リシュリー・デニス氏の娘だった。 「然るべき扱いを受けていないコミュニティのために働くのがどういうことなのか、そのときに初めて理解した。私たちのビューティエクスペリエンスは、白人女性のそれとはまったく違う」とオロウ氏。「その知見、そしてビューティブランドを起こした経験を武器にすれば、自分たちのような女性、つまり慢性的な皮膚疾患を持つ人々のために何かできるのではないかと考えた」。 [caption id="attachment_250208" align="aligncenter" width="483"] 向かって左がテン氏、右がオロウ氏[/caption]

【関連記事】