Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナに効果」が独り歩き。大阪府・吉村知事の「科学のShow化」に懸念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

「うそみたいな本当の話」 8月4日、大阪府と大阪はびきの医療センター(大阪市)による共同記者会見でこう切り出した大阪府の吉村洋文知事は、続けて次のように話した。 【全画像をみる】「コロナに効果」が独り歩き。大阪府・吉村知事の「科学のShow化」に懸念 「ポビドンヨードを使ったうがい薬を使ってうがいをすることによって、コロナに効くのではないかという研究が出ましたのでご紹介します」 こうして、8月20日までの間、接客をともなう飲食店の従業員をはじめとした大阪府民に対して、うがい薬の使用を呼びかけた。 すでに多くの報道が出ているが、吉村知事のうがい薬の研究結果に関するこの発言によって、うがい薬の買い占めなどをはじめとした多くの誤解や混乱が生じている。

あやふやになった「事実」と「期待」

整理のために、吉村知事がいう「研究成果」とは何だったのか、確認しておきたい。 会見では、大阪はびきの医療センター・次世代創薬創生センター長の松山晃文氏から、研究について補足説明があった。 松山氏らが行なった研究は次のようなものだ。 研究の対象者:大阪府のホテル宿泊療養中の新型コロナウイルス感染者 人数:41人 実験手法:うがい薬を使うグループと水でうがいをするグループに分けてうがいによる効果を検証(※8月4日の会見での吉村知事の説明。後日、Twitterでは、うがい群と非うがい群で比較していると発言) うがいの回数:起床時、昼食前、夕食前、就寝前の1日4回 検査方法:起床後、うがい前に唾液を採取してPCR検査を実施 結果:うがい薬をしたグループの方が、PCR検査で陰性になるまでの期間が早い 今回の「研究結果」として挙げられる「事実」は、「うがい薬(ポビドンヨード)を使うと、唾液を使ったPCR検査で早めに陰性が出る(唾液中のウイルスが減少しやすい)」ということだけ。実験の詳しい内容は論文で発表されているわけでもないため、詳細について分からないことも多い。 感染者の唾液中に含まれるウイルスが減少したことで、一見、症状が回復しているかのようにも見えるが、実際に全身の症状が回復したのか、単純にうがい薬で口の中からウイルスがいなくなっただけなのかはこの実験だけでは判断ができない。 そのため松山氏は、今回得られた結果をもとに、うがい薬の使用によって(飛沫感染によって)感染の広がりを防げる可能性(感染の拡大予防)や、肺炎の重症化を抑制できる可能性を「仮説」として挙げ、今後研究していくとした。 しかし残念ながら、この事実と仮説が、吉村知事の発言によってぐちゃぐちゃになって伝わってしまった。

【関連記事】