Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニラのかたちでギョウジャニンニクの味…「行者菜」収穫ピーク 北海道網走市

配信

HBCニュース

北海道放送(株)

 ニラの形をしながら、味と香りはギョウジャニンニクに近い「行者菜(ぎょうじゃな)」。道内で唯一生産する網走で、収穫がピークを迎えています。  行者菜(ぎょうじゃな)は、ギョウジャニンニクとニラを交配し、味と栄養価を“いいとこどり”した野菜で、強い香りで害虫がつきにくいのも特長です。道内で唯一、生産が許可された網走では、農家7戸がおよそ5トンを収穫しますが、今年はこんな悩みもあります。  「新型コロナの影響で物流が悪くて、販売がなかなか思うようにいってないのが現状です。成分的には葉酸が多いので、これを食べて元気を出していただければと思っております」(オホーツク行者菜研究会・金澤尚秀会長)  網走の行者菜の収穫は、今月いっぱいがピークで、地元の直売所や札幌圏のスーパーなどに出荷されます。

北海道放送(株)