Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「勇気与えられるサッカーを」サガン鳥栖、リーグ再開控え練習公開

配信

佐賀新聞

 サッカー・J1リーグの約4カ月ぶりの再開を控え、サガン鳥栖は6月30日、トップチームの練習を報道陣に公開した。4日に無観客で実施される再開初戦の大分トリニータ戦に向け、実戦形式のミニゲームなどで連係を確認。金明輝監督は「画面越しに応援してくれるサポーターに、勇気を与えられるサッカーをしたい」と意気込んだ。  練習の公開は約1カ月半ぶり。選手は和やかな雰囲気でウオーミングアップをした後、サイドに展開してクロスボールを上げるなど攻撃面を重点的に確認した。ミニゲームでは、激しいタックルや豪快なヘディングなど、試合さながらの迫力あるプレーを繰り広げた。  J1リーグは、新型コロナウイルスのために2月末から中断している。その影響で日程が過密となり、週2試合ペースが続くため、今季に限って「交代枠5人」や「J2降格なし」といった特別ルールも適用される。  MF原川力は「連戦はしょうがない。(体力の)リカバリー(回復)が勝負になる」と指摘し、「チーム全体でスムーズに動けている。いい準備ができた」と手応えを語った。交代枠が増えたことについて、金監督は「よりアグレッシブに戦え、大胆な采配が増えると思う。フレッシュな気持ちで試合に臨み、サポーターに勝利を届けたい」と話した。

【関連記事】