Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地元が被災、元「ブルゾンちえみ」はどう行動したか 西日本豪雨で岡山の実家浸水 自らできること考えた日々

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 地元が災害に巻き込まれたら、離れて暮らす自分に何ができるのか―。「ブルゾンちえみ」として人気を博したタレントの藤原史織さん(30)は2018年7月の西日本豪雨で、岡山に住む家族や友人が被災した。当時、東京で多忙な生活を送っていた。「遠くにいてもできることがある。遠くにいるからこそできることがある」。自ら考え、行動した日々を振り返ってもらった。(共同通信=寺田佳代)  「雨が降りやまない」。18年7月の1週目。母親とのLINE(ライン)のやりとり中で、こんなメッセージが届き、坂を下った先にある実家の様子が少し気になった。ただ、岡山は災害が少なく、そのときは深刻に受け止めることはできなかった。  7月7日に送られてきたラインの写真に目を疑った。自宅の外一面が浸水していた。友人の家や母校も被害を受けた。インターネットや会員制交流サイト(SNS)で現地の情報を集めて発信しようとしたが、災害時の情報はどんどん古くなる。スマートフォンに慣れていても、どのサイトを見ればいいのか分からない。「最初は多くの人がパニックになっているようだった」

 誤った情報を流さないように心掛ける中、頼りにしたのは信頼できる家族や友人の「生の声」だった。今、何を伝えるべきかを考え、自分なりに優先順位をつけた。ボランティアへの参加方法など、すぐに必要と判断したことを、インスタグラムやツイッターで積極的に共有した。  子どもがいる友人に「ウエットティッシュが足りない」と言われ「あったら助かるけど、1人暮らしだと気付けなかった視点だった」。メッセージによる支援だけではもどかしく、ボランティアに参加しようと、仕事の合間を縫って豪雨から約1カ月後に帰省した。  岡山市東区の実家は1階が浸水被害を受け、両親、妹は狭い2階でペットの猫6匹と暮らしていた。台所や風呂はろくに使えず、食事はコンビニ頼み。家族のアルバムや思い出の詰まった家具は駄目になった。必要最低限の生活ができないしんどさを感じ、1泊しただけで、どっと疲れが出た。家は大規模半壊の判定を受けた。  ボランティアは個人で応募し、岡山県倉敷市の真備町地区に入った。至る所に浸水ラインが残り、人が住めなくなった場所もあった。とにかく人手が必要で、こつこつと片付けるしかない状況。ひどい暑さの中、中年の男性、若い女性らと一緒に、被災した家からがれきをひたすらかき出した。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS