Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんが9月27日に自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。同日放送された、TBS日曜劇場「半沢直樹」に出演した撮影裏話を明かしています。笠松さん、お疲れさまでした! 【比較画像】“堺さんが半沢になる”ビフォーアフター(2枚)  「半沢直樹」では白井亜希子大臣(江口のりこさん)の議員秘書・笠松茂樹役として出演した児嶋さん。最終回では、半沢(堺雅人さん)は箕部幹事長(柄本明さん)の“隠し口座”を探るため、笠松が伊勢志摩支店で「伊勢志摩ステート」の財務資料を眺めている姿が収められた監視カメラの映像を見せ、協力を持ちかけるシーンが放送されました。  台本4、5ページに渡る半沢とのシーンは、カメラ位置を変えながら7、8回ほど行われたとのこと。撮影を終えた児嶋さんは「まさかのノーミス。完璧だったなぁ」と語り、NGテイクを出さなかったことに安堵(あんど)した様子でした。  堺さんと初めてがっつり絡むシーンだったことから「いやー緊張したなぁー」と振り返り、撮影の合間には堺さんに「面白い楽しいシーンでしたね」と声をかけられ、うれしそうな児嶋さん。撮影中には、せりふを言い終わっているのにカットがかからなかった時があったそうで、その際に「堺さんが、あの半沢直樹がよ? あの顔のまま、『ねぇ、笠原さん』って言って『いや、笠松だよ!』っていう遊びがありました」「あれは、堺さんじゃないからね。半沢直樹が完全にイジってきた!」というやりとりがあったことを明かしていました。堺さん、そんなアドリブまで……!  また「半沢直樹」の現場を経験した児嶋さんは、堺さんの俳優としてのすごみを側で感じたと語り、「僕みたいな素人でも分かるくらい迫力もそうだしさ、何がすごいってNG出さないのね」と明かし、「少なくとも俺が見た中では、堺さん1回もNG出していない。あれだけのせりふ量、1回もよ?」と熱弁。  あまりにも気になったという児嶋さんは本人に「NG出さないの?」と直撃したそう。同じシーンを10回ほど撮影する「半沢直樹」で、全10話のうちNGを4、5回しか出していないという堺さんに、児嶋さんは「バケモンでしょ」と驚いていました。記憶力どないなってん……!  また、堺さんが“半沢を入れる”ときはグッと姿勢を正して左右に肩を揺らして役に入るとのこと。しかし、撮影を終え楽屋から出てきた堺さんは猫背で歩いているそうで「ふわーっと 本当こんな感じなの!」とそのギャップにも「すごいなーって」と称賛していました。貴重な観察……!  そんな「半沢直樹」に出演した児嶋さんの演技は、SNSでもたびたび話題に。最終回を見た視聴者からは、「児島さんは本当にいい役者さんだと思いました」「大島さん演じる笠松秘書、よかったのだ 良いバイプレーヤーなのだ」「大げさすぎない児島の演技が普通にいいんだけど」「今まで寡黙に存在してたけど実は陰ながら白井大臣を応援する良い人だった。カッコ良かった」「笠松さん、最初は正直好感度良くなかったけど、最終回で急に好感度上げてくる演技ができる大嶋さんは本当すごいと思う!」「児島、闇から抜けた時の表情がいい表情だった」など、児嶋さんの演技を称賛する声が多数上がっていました。

ねとらぼ

【関連記事】