Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒュー・グラントが出演した全作品ランキング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

『噂のモーガン夫妻』(2009年)で、グラントはポール役でサラ・ジェシカ・パーカーと共演した。

『スピリット/傷だらけの栄光』(1990年)にはゴードン役で出演。

『9か月』(1995年)では、サミュエル・フォークナー役で主演。

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004年)では、ダニエル・クリーバー役で称賛された。

『恋する予感』(1995年)では、メレディス・ポッターを演じた。

『アメリカン・ドリームズ』(2006年)では、オーディション番組のホスト役を演じた。

『トゥー・ウィークス・ノーティス』(2002年)では、ジョージ・ウェイドを演じた。

『恋するための3つのルール』(1999年)ではマイケル役で主演。

『ボディ・バンク』(1996年)では、医師ガイ・ルーサンを演じた。

『ウェールズの山』(1995年)では、レジナルド・アンソンを演じた。

『ラブソングができるまで』(2007年)では、アレックス・フレッチャー役で主演。

ラブコメ『ラブ・アクチュアリー』(2003年)では、イギリス首相役で主演。

『白蛇伝説』(1988年)では、ジェイムズ・ダンプトンを演じた。

ロマン・ポランスキー監督の『赤い航路』(1992年)では、ナイジェルを演じた。

『Re:LIFE~リライフ~』(2014年)では、かつて脚本家だった大学講師役で主演。

ウディ・アレン監督の『おいしい生活』(2000年)にはデビッド役で出演した。

『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015年)にはアレキサンダー・ウェーバリー役で出演。

『クラウド アトラス』(2012年)では、牧師や人食い族のリーダーといった複数のキャラクターを演じた。

『恋の闇 愛の光』(1995年)では、エリアス・フィン役でロバート・ダウニー・Jr.と共演。

『泉のセイレーン』(1994年)ではアンソニー役を演じた。

ガイ・リッチー監督の『ザ・ジェントルメン』(2019年)にはフレッチャー役で出演。

『即興曲/愛欲の旋律』(1991年)では、ピアニストで作曲家のフレデリック・ショパンを演じた。

『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)で、グラントは初めてダニエル・クリーバーを演じた。

『ノッティングヒルの恋人』(1999年)では、小さな書店のオーナー役でジュリア・ロバーツと共演。

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016年)では、メリル・ストリープ演じるフローレンス・フォスター・ジェンキンスの夫シンクレアを演じた。

『モーリス』(1987年)にはクライブ役で出演した。

『アバウト・ア・ボーイ』(2002年)では、ウィル役でニコラス・ホルトと共演。

『日の名残り』(1993年)では、カーディナル役でエマ・トンプソン、アンソニー・ホプキンスらと共演。

『フォー・ウェディング』(1994年)で、グラントはゴールデングローブ賞主演男優賞 と英国アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

アン・リー監督の『いつか晴れた日に』(1995年)には、エドワード役で出演。

『パディントン2』(2017年)では、くまのパディントンと敵対するフェニックス・ブキャナンを演じた。

Jacob Sarkisian

【関連記事】