Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドコモ、5Gの高度化と6Gの研究開発促進 特設サイトでサミットを開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

ドコモは、5Gのさらなる高度化と第6世代移動通信システム(以下、6G)の研究開発促進を目的に、「5G evolution & 6G Summit」をweb特設サイトで7月29日、30日および8月27日、28日に開催すると発表した。 また、これに先立ち、2020年1月22日に発表した6Gホワイトペーパーを6Gの実現機向けて検討すべき技術領域をより具体的に示すために更新し、2.0版として公開したという。 2020年3月より商用サービスを開始した5Gでは、さまざまな分野でサービスの創出や社会課題の解決が期待され、各分野によって異なる幅広い要求条件に柔軟に対応するため5Gのさらなる高度化が求められている。 また、2030年頃のサービス提供開始をめざす6Gについて国内外で議論が始まっており、さらなる高速・大容量通信、カバレッジ拡張、低消費電力・低コスト、低遅延、高信頼、多接続・センシングと、6Gならではの新たなユースケース創出に向けた検討が進められているとのことだ。 今回、同サミットでは5G・6Gに関する研究開発をグローバルに促進するため、ドコモの検討状況を公開するとともに、無線技術や今後の5G・6Gのユースケースに詳しい外部有識者を招き、パネルディスカッションや展示を実施。 6Gホワイトペーパーの更新内容も同サミットで説明するとしている。 なお、同サミットは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、webの特設サイトで開催。第1弾では、7月17日に公開された6Gホワイトペーパーの更新内容に関する講演と、6G時代を見据えたユースケースである「人間拡張/VR」、「ブレインテクノロジー」、「地方創生」、「無線・ネットワーク技術」、「宇宙」の各テーマにおいてパネルセッションを実施するとのことだ。 また、第2弾は8月末にwebで、動画や操作可能なwebコンテンツなどを閲覧できる約40件の展示を準備しているという。なお、第2弾のスケジュールや詳細は、イベントサイトにて告知するとしている。 また、6Gホワイトペーパーについては、新型コロナウイルスの感染拡大により大きな変化をむかえている昨今の社会状況を踏まえて、6Gが導入される2030年代の社会や世界観について考察し、内容を更新。 具体的には、未来において、地方創生や少子高齢化、労働力不足などの社会課題を見つめ直し、新たにその解決法を示すとともに、ヒトやモノ、コトの通信について新たな提言を行っているとのことだ。 ドコモは、同サミットの開催や6Gホワイトペーパーの更新を通してさまざまなパートナーと連携し、より活発に議論を進め、さらなる移動通信の進化に向け、研究開発を推進していくとしている。

【関連記事】