Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライコネン「グリッドの路面が滑りやすくて停止位置を過ぎてしまった」:アルファロメオ F1第3戦ハンガリーGP決勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 2020年F1第3戦ハンガリーGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは15位、アントニオ・ジョビナッツィは17位でレースを終えた。 【写真】2020年F1ハンガリーGP 決勝17位のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) ■アルファロメオ・レーシング・オーレン キミ・ライコネン 決勝=15位  僕にとっては、やや退屈なレースだった。残念ながら、あの位置からのスタートでは、レースがとても難しい仕事になるのは分かっていた。それでもできる限りのことはやったが、ポイント圏内には届かなかった。  ペースはそれほど悪くなかった。そして、スタートでいくつか順位を上げたものの、ペナルティで最下位に押し戻された。グリッドの路面が滑りやすくて、本来の停止位置から少し行き過ぎてしまい、バックして合わせ直すだけの時間がなかったんだ。あれがなければ、もう少し上へ行けたはずで、その意味ではちょっと残念だ。  予選でのパフォーマンスを改善するために、まだやるべきことがたくさんある。ただ、日曜のペースについては、ポジティブにとらえていいと思う。 アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=17位  昨日の予選があんな結果に終わって、さすがに巻き返すのは難しいだろうと思っていた。ただ、少なくともレース終盤にかけてのペースは、満足してもいいものだった。スタートはまあまあだったが、最初のストップでソフトタイヤを選んだのが失敗だった。あれは今日最も選んではいけないコンパウンドだったね。結果として大きくタイムを失い、ハードに履き替えた時には、もう挽回するには手遅れだった。ハードの方がはるかに良かったんだけどね。  シルバーストンまでの1週間のブレークが、僕らにはとても重要な時間になる。この何週間かの間に起きたことについて、少しでも理解を深めたいからだ。もっとクルマを速くして、次のトリプルヘッダーに良い状態で臨むには、かなりのハードワークが必要だ。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】