Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福岡のラーメン店主会「令和維新会」特集1店目!馬出のイニシエ系豚骨「駒や」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファンファン福岡

福岡のラーメンブロガー、ラーメン大好きガーソーさんがお届けするラーメンレポート。福岡の新進気鋭のラーメン店「駒や」「六味亭」「麺や道」「絶好鳥」「ナカムラボ」「昊(オオゾラ)」が加盟する令和維新会。人気の若手(お店をオープンして数年以内)店主たちが共に切磋琢磨し、いずれ福岡ラーメン界へ維新の風を吹かせられるよう頑張っていくという令和維新会に注目し、加盟各店がどんなお店かを紹介します。第1回目は発起人兼会長の「駒や」です。

令和維新会特集1店目 馬出の駒や 昔懐かしいイニシエ系豚骨ラーメン

「駒や」外観

令和維新会とは

2019年10月に結成された福岡の若手ラーメン店グループ「令和維新会」。 当初は発起人の「駒や」を中心に、志免町の中華そばと担々麺の「六味亭」、宗像の「麺や道」、箱崎の鶏白湯ラーメン店「絶好鳥」、糟屋郡の「麺屋二極」、同じく糟屋郡の「ラーメン工房にへい」の6店舗でスタート。 その後、加盟店の入れ替わりがありつつ、現在は「駒や」、「六味亭」、「麺や道」、「絶好鳥」、「ナカムラボ」、「昊」(オオゾラ)の6店舗が加盟しています。 いずれのお店も豚骨に限らずですが、オープンして数年未満のラーメン店であり、それでありながら人気を博している実力店揃いです。 結成以来、各店を回るスタンプラリーや、各店共通のスタンプカード、フォトコンテストなどイベントを行ってきた令和維新会。 このグループを率いる「駒や」が自店のラーメンを作るに至った経緯、なぜ「令和維新会」を立ち上げたのかを伺いました。

駒やのラーメン

昔ながらの豚骨の匂いとガツンとした旨さがありながら、スープ自体は低濃度でシャバシャバ系、どこか懐かしい、でも比べる対象が無い一杯です

トゥルントゥルンで餡がたっぷり入ったワンタン入りのワンタンメン、個人的にお気に入りです

ワンタンの皮の食感と餡のインパクトがたまりません

老舗製麺所「宝フーズ」謹製の麺を3種類(通常の麺、細平打ち麺、唐辛子練り込み麺)販売されています。 写真は唐辛子練り込み麺。 結構しっかり、だけど食べられないほどではなく辛くて、豚骨スープと相性バツグンと評判の麺です。

【関連記事】