Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・佐々岡監督 拙攻続きの攻撃陣に「粘り強くやってほしい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島1-6巨人」(29日、マツダスタジアム)  広島は拙攻が続き、巨人に完敗。前カードから巨人戦は4連敗となり、借金は今季ワーストタイの13に逆戻りした。  初回、先頭の大盛がプロ初となる右中間への三塁打を放ち、田中広の左犠飛で相手先発・菅野から幸先良く先制した。しかし、先発の遠藤が踏ん張れず、三回と四回は2イニング続けて先頭打者に四球を与え、いずれも失点につながった。  5回4安打3失点で降板。遠藤は「全体的にボール先行だった。反省しないといけない」と4四死球を悔やんだ。佐々岡監督も「四球から失点してしまっている」と厳しい表情を浮かべた。  打線も三回無死二、三塁で無得点。七回も1死満塁で1点も奪えず、8残塁の拙攻で菅野を助けてしまった。指揮官は「(三回の)相手の(前進)守備隊形を見てもバットに当てればというところで…。粘り強くやってほしい」と1得点に終わった攻撃陣に奮起を促した。

【関連記事】