Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝ふき取るだけで口臭予防。1日1回の簡単「舌みがき」のやり方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

「口が臭いかも」と思ったとき、どうしてる? 口内が原因の口臭の約6割は、舌にこびりついた汚れ(=舌苔)の臭いと言われているそう。間違ったケアをすると余計に臭いがきつくなったり、炎症を起こしてしまう可能性も。そうなる前に誰でも簡単にできる「舌みがき」の方法をマスターしよう! 教えてくれるのは、歯科医で「毒出し歯みがき」の著者・照山裕子先生。 【写真】朝は口内細菌がいっぱい…5秒でできる「舌磨き」デトックス

口臭の原因は? 現代人の食生活にも問題あり

年齢とともに唾液の量が減り、口臭が気になるという人も多いのでは? 口臭の原因は大きく分けて二つ、1.プラーク(細菌の塊である歯垢)2.舌苔 と言われており、多くは2の臭いによるもの。 舌にこびりついている黄みがかった汚れ=舌苔の正体は、たまった垢。口の中も、皮膚と同じようにターンオーバーを繰り返し、古くなった細胞を落とす機能が備わっている。 本来、よく噛んで食べていれば舌苔も新陳代謝によって長く舌の上にはとどまらない。けれど、噛む回数が少なかったり、汚れが残りやすいやわらかい食べ物を好んで食べていると、舌苔が蓄積してしまうとか。すると、細菌がどんどん繁殖し口臭を引き起こす、というわけ。

舌の汚れが気になるからといって、歯ブラシを使うのはNG!

舌苔を取り除こうとして、歯ブラシでゴシゴシこするのは絶対にしてはいけない。炎症を起こして余計に臭いが強くなったり、味覚障害になる可能性もあるので、舌はやさしく丁寧にケアすることが大切。

「舌みがき」のやり方

用意するのはガーゼのみ。人指し指に一巻きすれば準備完了。 ガーゼを巻いた人指し指で、舌をなでるようにやさしくみがく。5~10往復程度、奥から手前にみがいたら最後にうがいを忘れずに。 ポイント:鏡を見ながら舌苔が気になるところを中心に、指を動かそう。右半分、左半分、と分けてみがくとムラなく行える。

朝の舌みがき習慣で口臭を予防しよう

「舌みがき」は、口臭が強くなる傾向にある朝がベストタイミング。舌は繊細な器官だから、舌苔を一度ですべて取り除こうとせず、毎日1回継続することが大切。徐々に汚れがふき取られ、健康的なピンク色の舌に戻っていくはず。 お話を伺ったのは…… 照山裕子(てるやま・ゆうこ)先生 歯学博士。東京医科歯科大学歯学部附属病院非常勤講師。口腔がんや先天性疾患によって失われた機能を回復させる『顎顔面補綴治療』を専門に治療を行ってきた臨床経験から、疾病を未然に防ぐ予防医学や早期発見の重要性を生活者向けに啓発。現在は大学病院やクリニックでの診療の傍ら、テレビやラジオ、雑誌などメディアにも多数出演している。

【関連記事】