Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生理ショーツは「死にたくなるくらい苦痛」 驚いた女優は前例のない下着を作った「体の悩み、分かって」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

外からは見えないのに、肌に一番近い服、下着。着心地やサイズ、デザイン、機能性など、下着へのこだわりや悩みを持つ人は少なくないはず。でも、下着の悩みを人と共有することはあまりないのでは? 生まれた時は男性で、現在は女性として生活する女優の麻倉ケイトさんは、そんな下着の大切さに注目し、着ることで自分に自信を持てるような下着ブランドを立ち上げました。元々は自身と同じトランスジェンダーの当事者向けの下着を想定していました。しかし、商品開発の過程で意外なことに気づきました。(朝日新聞記者・日高奈緒) 【写真】男性として生活する人向けのボクサーパンツがこちら 女性として生活する人向けのショーツも

きれいなチューリップのように

麻倉さんが昨年8月に立ち上げた下着ブランド「ユニラーレ」。宇宙(ユニバース)の「ユニ」とトルコ語でチューリップを意味する「ラーレ」を組み合わせたオリジナルの言葉です。 チューリップをシンボルには、童謡「チューリップ」の歌詞「あか、しろ、きいろ どのはなみてもきれいだな」から「どんな人でも個性があって美しい」というメッセージを込めました。 商品は現在、男性として生活する人向けのボクサーパンツとシャツ、女性として生活する人向けのショーツの3種です。 トランスジェンダー向けの下着と聞いたとき、女性に生まれ女性として生きてきた筆者には、「胸の肉や、股間のふくらみを抑える機能がついているのだろう」というくらいしか想像がつきませんでした。

体を締め付ける下着はずっと着られない

ところが麻倉さんの説明を受けて、自分の考えが甘いことに気づきました。 「FtM(Female to Male、女性として生まれ男性として生活する人)向けには『ナベシャツ』と言って胸をぴったり押さえるような下着がこれまでもありました。でも、締め付けが強すぎて普段の生活では『1時間に一度は脱がないと無理』という当事者もいるんです」 もし自分が体をぎゅうぎゅうに締め付ける下着を毎日着けないといけないとしたら? 確かに、考えるだけで息が詰まりそうです。 麻倉さんがトランスジェンダー当事者の下着の悩みに気づくきっかけになったのは、自身が企画した当事者向けのウェディングショーです。 実は、麻倉さんはトランスジェンダー当事者としては初のウェディングモデル。182センチのすらりとした長身を生かしてウェディングドレスを着こなしてきました。 ウェディングドレスが憧れだったという麻倉さん。もっと多くのトランスジェンダー当事者も参加できるような機会があれば、と定期的にショーを企画しています。 2013年、ショーの控室で参加者たちが「ブラジャーってみんなどうしてる?」「骨格に合う下着がなくて」と話しているのを偶然耳にしました。 尋ねてみると、下着の悩みを持つ当事者たちが多いことに驚きました。麻倉さんは骨格が元々細く、既製の下着をつけても悩むことがなかったためです。 MtF(Male to Female、男性として生まれ女性として生活する人)当事者からは「既製品のブラジャーはアンダーバストが細すぎてサイズがない」「股間の膨らみが気になってタイトスカートがはけない」といった声があがりました。

【関連記事】