Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外出自粛で痛感? 自宅で再現できないメニューを味わえる「外食」の体験的価値

配信

アーバン ライフ メトロ

「あの店に行きたい」と妄想した期間

 緊急事態宣言が2020年5月25日(月)、全国で解除されました。発令からおよそ1か月半、ちまたがやっとにぎやかになります。 【画像】都内の「自宅で再現できないメニュー」を味わえる庶民派の名店の数々――店舗の地図付き(41枚)  ただコロナリスクが無くなったわけではないので油断は禁物ですが、臨時休業や短縮営業を余儀なくされていた飲食店の人たちは、胸をなでおろしていることでしょう。  皆さんも、在宅勤務や外出自粛でたまりにたまったストレスを少し発散できるようになったのではないでしょうか。  またこの期間を通して、多くの人は出前やテイクアウトの弁当などに飽きてしまったことでしょう。外出自粛中は「あの店に行きたい」「あれも食べたい」と誰もが妄想したのでは?  でもこれからは誰の目も気にすることなく、大好きなお店へ足を運ぶことができるようになりつつあります。

宣言解除後に食べたくなったもの

 情報通信事業を手掛けるROI(新宿区下宮比町)が全国の18~79歳の男女1000人(男性262人、女性738人)を対象に行ったアンケート調査によれば、緊急事態宣言解除後に行きたいお店のベスト3は、 1位:焼き肉 2位:すし 3位:ラーメン となったそうです。  このアンケート結果は、実に合点がいきます。私(小野員裕。フードライター)もまさに食べたかったものはこのような感じでしたから。  ところで自宅で決して味わえない外食メニューはさまざまですが、皆さんはどのようなものを思い浮かべますか。想像するに、自宅での調理はハードルが高く、またプロの調理人でしか再現できない料理といったところでしょう。  アンケート調査で1位の焼き肉は専門店で食べるのに越したことはありませんが、スーパーで売っている専用の肉と、市販のたれである程度楽しめます。再現という点においては、さほどハードルは高くありません。

軽やかなうま味を持つジンギスカン

 ジンギスカンは焼き肉同様、自宅でも再現できますが、門前仲町にある「ひつじの新町や」(江東区富岡)はまねができません。  同店は長野の牧場からほぼ1頭買いした羊肉を、背ロース、脂背ロース、肩バラ、ヒレ、部位の異なるモモ2種と、脂モモ肉2種の全8種類に切り分けて提供しています。両面をサっとあぶり、しょうゆベースのつけだれに浸してパクリとほお張れば、軽やかなうま味が心地よく「ああ、羊肉ってこんなにおいしいもんなんだな」と実感させられるでしょう。

【関連記事】