Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村倫也「ニクいね」荒木伸二監督の演出を称賛

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

中村倫也が主演を務める映画「人数の町」が9月4日から公開。5日に公開記念リモート舞台あいさつが行われ、中村、石橋静河、荒木伸二監督が登壇した。 【写真を見る】子役・吉田萌果の目線に合わせてしゃがむ中村倫也と荒木伸二監督 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で241本の中から準グランプリに選ばれた本作。CMやMVなどを多数手掛ける荒木監督が初の長編映画に挑む。 ■ 中村倫也「不思議なバランスの空間」 印象に残っている撮影シーンについて、中村は「いろんなことがあったからな。プールのシーンかな。みんな同じ水着を着ているけれど、個性が出るシーン。町での撮影からプールでの撮影になったので、そういう場所ってなんか気持ちがほぐれますよね。不思議な感覚というか。心地いい(空間)けど、芝居で会話をするとギョッとするという、不思議なバランスの空間でした。(芝居を)やっていて楽しいって感じました。そのへんの構成というのは、荒木監督の巧みなところなんですよね。ニクいね、ってなります」と称賛した。 石橋は「どのシーンもすごい不気味で面白かったです。個人的には私が演じた紅子が妹を探す旅を始めるときに、病院に行くシーンが印象に残っています」とコメント。続けて「病院に行くシーンというとても日常の世界なのに、すごく不穏な空気が流れている。そこから、誰を信じていいのか、誰がうそをついているのかと考えて悩んで行く。面白いシーンだったなと思います」と説明した。 荒木監督は「12日間、ずっと撮影をしていました。まるで戦争みたいな日々だったので、どのシーンという印象よりも、“ここを撮影したら、次! 次!”という感じで、ドンパチやって次行くぞ、その連続でした。なので、“なんか楽しいぞ”という瞬間(を感じる)よりも、戦いのような日々でした。充実していましたが、本当に濃かったですよね~という印象です」と振り返った。 ■ 海外の映画祭へ選出 終盤、MCから「監督に内緒でサプライズゲストがいらっしゃっています」とアナウンスすると、中村が「初恋の人かな?」といたずらっぽくコメント。 劇中で石橋演じる紅子のめいである末永モモ役の吉田萌果(5歳)が花束を持って登場し、「お花です」と監督に手渡した。 「こんにちわ。末永モモ役の吉田萌果です。5歳です。好きな色は桃色です。よろしくお願いいたします」とあいさつすると、中村が声まねをして「将来はお金持ちになります」とコメントして笑いを誘う。これに対し、すかさず監督が「映画に出資してね」とやりとりする一幕も。 その後、花束の理由について、モスクワ国際映画祭、バンクーバー国際映画祭への正式招待作品として選出されたことが発表され、会場は拍手に包まれた。 荒木監督は、「カナダとロシア、行きたいです。バンクーバーとモスクワ行きたいです。パスポート取りに行かないと」とソワソワ。中村が「(気になるところ)そこですか?」と笑顔でツッコミを入れていた。 最後のあいさつで、石橋は「監督が今まで生きてきて、考えて来たことがそのまま作品になっているのだと思います。そんなうそがない作品に出られることがうれしいです。映画はそうあるべきだと思うので、そういう作品に参加できてうれしいし、見た人にも、これから見る人もそんなところを楽しんでほしいと思います」とコメント。 中村は「いろいろな作品に関わらせてもらって、(自分が感じたことなどを)考えてコメントする場面もたくさんあります。でも、この作品はそれぞれの反応、感じること、記憶に残るポイント、家に帰って思い出すポイントが違ってくる作品です。この映画を見ることは、お金と時間を払っていただいて、ゲットした自由だと思うので、何度か思い返しながら、楽しんでいただければと思います」とあいさつし、イベントは幕を閉じた。 (ザテレビジョン)

【関連記事】