Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名古屋の桜の名所に危機…桜を枯らす“大害虫“が侵入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

まもなく満開を迎える名古屋市内の桜。 去年7月、その名古屋の桜に危機が迫っているという心配なニュースを放送しました。 今まで日本にいなかった、桜を枯らしてしまう外来生物が名古屋市港区で見つかったのです。 このニュースを桜の季節に改めて取材したところ、由々しき事態になっていることがわかりました。

問題になっているのは、桜の木を枯らしてしまう危険な外来昆虫「クビアカツヤカミキリ」です。 赤い首が特徴で体長は2.5~4センチ程と大型。 幼虫が桜や桃の木を食い荒らして被害をもたらす「大害虫」で、特定外来生物に指定されています。 名古屋市港区では、去年7月に取材した当時、180匹見つかりました。

中国からやってきた外来種 天敵がいないため一気に拡大

環境省によりますと中国からやって来たというこの害虫の被害は去年の段階で関東、関西、四国に広がっていました。 おととし、徳島県の桃畑で木を幼虫が食い荒らし壊滅的被害に。 外来種なので日本に天敵はおらず、1箇所の畑で1000匹以上が発生しました。

また大阪府では5年前から桜の木が大きな被害を受け、伐採せざるを得なくなった場所も。 恐ろしいのはその繁殖力です。 クビアカツヤカミキリは木の表面に一度におよそ300個も卵を産み付けます。 かえった幼虫は樹皮のすぐ下にある道管部分を食い荒らします。 水や栄養が運ばれる道管部分がやられるとそこから木が枯れてしまいます。 それにより木から幼虫のフンと木くずが混ざったものが排出されこのくずが見つかれば、木が枯れるのは時間の問題です。

関東ではこの害虫が群馬、埼玉、栃木などで一気に広がっていて、生息域は1年間で2キロから3キロ拡大するといわれています。 名古屋市で発生した場所の10キロ圏内には、桜の名所である名古屋城や山崎川があり、早ければ数年でたどり着いてしまう恐れもあるのです。

桜の季節に改めて取材すると “最悪の展開“に

この害虫について改めて取材をすることにした私たちは、まず、去年7月に取材した名古屋市港区の桜のもとへ向かいました。 しかし、あったはずの桜の木が見当たりません。 実はクビアカツヤカミキリの拡大を防ぐために桜の木は伐採されてしまったのです。 その数、実に28本。

【関連記事】