Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛媛県高校サッカーで「交代無制限」制度! 県サッカー協会専務理事に真意を聴く

配信

高校サッカードットコム

 6月3日・愛媛新聞運動面には衝撃的な文字が躍っていた。 「交代無制限」  その概要は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開幕が延期になっていた「高円宮杯JFA U‐18サッカーリーグ愛媛」(以下「Eリーグ」)1~3部・開幕節<7月23日(木)~26日(日)>において通常1チーム20名の登録枠を25名に拡大。かつ交代を無制限とするもの。理論上はピッチ上の選手を試合中に総入れ替えできるという、サッカー界の常識を覆す制度である。  ではなぜ、愛媛県サッカー協会は「開幕節限定の特別ルール」とはいえ、このような制度導入に踏み切ったのであろうか?過去には愛媛FC監督として四国リーグ3連覇、2008年度には母校の松山北を41年ぶりに全国高校サッカー選手権に導き翌年も2年連続出場。現在は今治西サッカー部監督を務める傍ら、愛媛県サッカー協会で2種を含む全部門を統括する専務理事を務める兵頭 龍哉氏に真意を聴いた。  兵頭専務理事も「超法規的措置です」と認める今回の特別ルール設定。その根拠としてあげたのは次頁の3点である。 1.全国高校総体(インターハイ)、愛媛県高校総体の中止に伴う3年生に対する救済措置。 「愛媛県総体の代替大会も模索したが、残念ながら開催が不可能になった時点でEリーグを利用することを決めた。ただ、インターハイをもって引退し、進路への勉強に入る選手のことを考えると8月以降で3年生に救済措置を設けるのは難しい。そこで7月の開幕節にベンチ入りの枠を広げて、3年生に出場機会を与える機会を作ろうとなりました」 2.今季のEリーグでは昇降格制度を排している。 「一部チームから『リーグ戦の趣旨と違う』という反対意見も頂いたが、事前に昇降格なしを決めていたことで最終的には承認して頂いた。昇格・降格制度があればこの特別ルールは採用できないです」 3.90分ゲームでの初公式戦における熱中症対策 「今回の特別ルールは3年生に出場機会を与える目的はあるが、実際には1・2年生への適用は可能。選手たちにとっては久しぶりの公式戦での90分間。しかも炎天下も予想されるので、熱中症対策の一環としてぜひ交代制限なしを活用してほしい」  最後は「このEリーグをもって引退する3年生もいると思いますが、ぜひ選手たちにはこの試合に向かって調整し、ピッチ上で想いを燃焼させてほしい」と選手たちへエールを送った兵頭専務理事。7月23日からの4連休は愛媛の高校サッカー選手にとって仲間たちとの絆をピッチ上で確認する貴重な時間となる。

【関連記事】