Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

STOP新型コロナ!東京都医師会「ここから2週間が本当に勝負」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。東京都では3日、新たな感染者数を89人と発表、感染経路が分かっていない人は55人、都内で感染が確認されたのは3日現在であわせて773人となった。今週末も不要不急の外出自粛が呼びかけられる中、改めて新型コロナウイルス対策について、公益社団法人東京都医師会副会長の角田徹さんに話を聞いた。 「2週間誰も動かないで家にこもっていれば、2週間後には新規の感染者はゼロ」  そもそも新型コロナウイルスとはどのようなウイルスなのだろうか。角田さんは「実はこれまでの上気道炎を起こして治ってしまう風邪のうち、およそ10~30%はコロナウイルス属なんです。今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は、重症化すると肺炎になってしまう特殊なウイルスで、下気道といって肺に近いところでウイルスが増殖する人が多いのが特徴です。新型コロナウイルスに感染しても8割程度の人は症状が出ないか、出ても軽症で治ります。ところが、残りの2割の人は重症化して肺炎になってしまい、そのうちの何割かは人工呼吸器が必要なほど重篤な症状となり、高齢者の人ほどその可能性は高くなります」と語る。 「感染形態もこれまでのコロナウイルスとは異なっていて、新型コロナウイルスは全体の80%程度の人は人に感染させません。残り20%の人たちはウイルスを排菌(保菌者が病原体を体外に排出すること)していますが、それだけでなく、いわゆる三密(密閉・密集・密接)の環境でしか感染しないと言われています。ですから現在のクラスターと呼ばれる状況は、1人の感染者から三密の環境下で他の人に感染させており、インフルエンザのように感染者が次々と他者へ感染させていくイメージとは違います」と言い、「これまで日本ではクラスターをしっかりと追いかけていくことによって、爆発的な感染にはならずに済んでいました。インフルエンザはそんなことできませんよね」。  では、新型コロナウイルス感染症になると、一般的にはどんな症状があるのだろうか。「初期症状は普通の風邪と区別がつきません。微熱が出る人が6~7割程度、咳が出る人が5~6割程度、最近言われているのは嗅覚障害と味覚障害で、欧米の文献によると5割程度とありますから、味がしない、においが感じられないというのはひとつのポイントじゃないかと思います。下痢などの消化器症状は10%以下です」と角田さん。ウイルスの潜伏期間は「文献にもよるのですが3日~2週間、平均すると5日間と言われています。現在、東京都の感染者数が増えていますが、この人たちはおよそ5日前に感染していると考えられる。もし、今、東京都がロックダウン(都市封鎖)して、新規感染のチャンスをゼロにしたとしても、その効果が現れるのは5日以上経ってからでしょう」。  三密以外に気をつけたほうがいいポイントは「接触感染ですね。通常の風邪のウイルスとは違い、新型コロナウイルスはドアノブや手すりなどの表面でも一定の期間生存して、感染力があるようですので、とにかく手洗いをしていただくこと。あとは咳やくしゃみのしぶきによっても飛沫感染しますから、咳やくしゃみをしている場合は必ずマスクをしていただくこと。実は健康な人はマスクをしていてもそんなに効果はありませんが、咳やくしゃみエチケットを守ることによって感染させる可能性は激減します」と説明。「あとは、体力や免疫力が落ちているとさまざまな感染症にかかりやすくなります。ですから規則的な生活、十分な睡眠や栄養をとること、そして運動ですね。こういう状況で外に出ることは難しいと思いますが、たとえば天気のいい日に1~2人で散歩に行くなど、人の密集しない場所での軽い運動は問題ありません」  新型コロナウイルス感染症が疑われる場合はどうすればいいのだろうか。「まず、かかりつけ医を持っている場合は電話で相談してください。心配してやみくもに医療機関を受診すると、医療機関が混雑して待っている間に感染する可能性も考えられます。かかりつけ医がない場合は都が設置している新型コロナコールセンター(0570-550571、9~21時、土日祝含む)がありますが、つながりにくい際には近くの医療機関に電話で相談していただくことが必要だと思います」と対応法を紹介。  そして、身近な人に新型コロナウイルス感染症が疑われる場合、濃厚接触者とはどのような基準を指すのか。「現在のように新規感染者数全体の1/3がクラスターとは関係ない状況では、濃厚接触者の概念はなかなか難しいです。ひとつの目安は風邪のような症状が長引く場合、37.5度の熱が4日以上、高齢者は2日以上続いたら医療機関で相談していただいたほうがいいですね。新型コロナウイルス感染症は、1週間程度の風邪のような症状の後に治る人と重症化する人に分かれる。悪くなる場合はかなり急速に悪化するようで、自覚症状としては熱が出たり息苦しくなって、呼吸の回数が増えてきたら医療機関に電話して受診してください。8割の人は安静にしていれば治りますが、残り2割が重症化して肺炎になって命を落としてしまうことを、僕らは防がなければいけない。それを見極めるのが一般の診療所の重要な役目だと思っています」  最後に、角田さんは「若い人はエネルギーが余っていると思いますが、本当にここから2週間が勝負ですから、集まってカラオケや飲み会、特に夜の街に出るのは控えてください。中高年でもお金を持っていて元気な人は多いですが、ぜひ自粛して家にいてください。もし、これから2週間誰も動かないで家にこもっていれば、2週間後には新規の感染者はゼロになります。さらに2週間頑張って動かなければ、今感染している人が治ります。さらにもう2週間動かなかったら、日本からウイルスはいなくなりますから」と力を込めた。  東京都医師会では、東京都民に向けて新型コロナウイルス感染症対策を啓発するパンフレットを4カ国語(日英韓中)で作成。ホームページからダウンロードできるほか、東京都医師会の会員医療機関にて掲示や配布を行なっている。

【関連記事】