Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「顔の見える教育」のチャンス? コロナで広がる「遠隔授業」は大学をどう変える

配信

NIKKEI STYLE

《連載》デンシバ Spotlight

新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、インターネットを活用した遠隔授業を始める大学が増えてきました。実際に始めてみると様々な課題が浮かび上がり、大学教育を見直す機会にもなりそうです。 最初の課題は、教員が講義を配信し、学生が視聴する環境の確保です。教員と学生が使っている機器、ネットの環境は様々であり、円滑に運営できるかどうか、各大学は手探りの状態です。遠隔授業といっても、教員と学生が双方向でやりとりする方法だけでなく、講義のビデオ録画や、音声入りのパワーポイントを学生が視聴するといった様々な方法があり、どのスタイルを選ぶかによっても、必要となる機器に違いがあります。 京都大学の根井雅弘教授は「快適なネット環境を整えられる家庭ばかりではない」と経済格差の存在を指摘します。ある大学では、学生のほとんどがパソコンを持っておらず、スマートフォンでの視聴を前提にしていますが、伝達できる情報に制約があります。

■顔の見える教育のチャンスにも

講義の内容にも影響が出ています。早稲田大学の川本裕子教授は「録画を公開する形式の場合、シラバス(講義計画)に正確に沿った内容にしないと学生の期待に応えられない可能性があり、毎回の授業内容の透明化が進む」と考えています。講義のビデオ映像を収録した同志社大学の鹿野嘉昭教授は「学生の目を見たり、動きを観察したりしながら、言いたいことがうまく伝わっているかを確かめられないのはつらい」と率直に語ります。 一方、双方向の会議システムを導入した大学の教員からは、「一人ひとりの学生と向き合い、チャットなどで対話をしながら講義ができる。これまで、かけ声倒れだった“顔の見える教育”を実践するチャンスと受け止めている」という前向きな声が出ています。双方向でやりとりする環境を作れるなら、「ゼミナール方式の授業も十分に可能」との指摘もあります。 「遠隔授業は各分野で進むデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環で、後戻りはできない」と語るのは、オンライン講座の経験が豊富な昭和女子大学の湯川抗教授です。大学生活には多様な側面がありますが、講義に絞れば「しっかり準備をすれば対面よりオンラインの方が学生を飽きさせない工夫がしやすい」と言います。 遠隔授業が標準になると、従来の大学の施設は必要なのか、大学の存在意義は何かといった議論にもつながります。秋入学の導入をはじめ、様々な議論がしやすくなった今こそ、大学の運営を根底から見直すときではないでしょうか。

【関連記事】