Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長者番付1位の「最後の相場師」是川銀蔵から学ぶ投資の3つの心得

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

「相場師」という言葉を聞いて、皆さんはどんな人物を思い浮かべるでしょうか?  今でいうと株式や先物取引を扱う個人投資家に近いものですが、金融・投資関係者を除けば、「最後の相場師」呼ばれた是川銀蔵(1897~1992年)をご存じの方は、そう多くはないでしょう。 この記事の写真を見る  同氏は、なんと1983年の高額所得者番付で1位にもなったことのある相場師(投資家)です。今でこそ、日本での長者番付の発表はなくなってしまいましたが、当時の日本で最もお金持ちだった人といっても過言ではないでしょう。  この記事では、アナリストやファンドマネジャーとして60年近くを投資の道一筋に生きてきた山下𥙿士氏の著書『伝説のファンドマネジャーが見た日本株式投資100年史』(クロスメディア・パブリッシング)をもとに、是川銀蔵がいかにして日本一の財をなしたのかとともに、彼が語った投資の心得について解説してもらいました。

極貧のなか、独学で経済を学ぶ

 1980年2月から83年2月にかけて、景気は64カ月の後退期でした。第2次オイルショックとアメリカにおける金利高の影響もあって、東証ダウは1981年8月の8019円から82年10月1日の6849円まで調整段階にあり、この頃の時価総額は81兆円、PERは22.8倍でした。  業種別値上がり順位は、1981年のトップが電気機器、82年のトップは非鉄金属で、非鉄金属のなかでも目立った上昇をしたのが住友金属鉱山であり、その中心となって動いたのが「最後の相場師」といわれた是川銀蔵です。彼が90歳を超えて書き残した自伝などをもとに、その生涯に迫ってみたいと思います。(参考:『相場師一代』小学館文庫、『自伝 波乱を生きる』講談社、『最後の相場師 是川銀蔵』彩図社)  是川銀蔵は1897年(明治30年)に兵庫県で生まれ、高等小学校を卒業後、神戸の貿易商のもとで奉公をしていました。数々の職業を経ながら、1938年から終戦までは朝鮮半島で鉄山と金山を開発し、鉱山経営に携わります。それに先立つ1927年の金融恐慌では、手掛けていた事業が倒産し、極貧のなかで3年間、大阪の中之島図書館に通って、独学で経済の勉強をしていたといいます。  その成果を活かすべく、1931年、34歳のときに株式投資の世界に足を踏み入れました。1938年までにもそれなりの成果を挙げましたが、「日本の軍事力増強に貢献したい」との思いで朝鮮半島に渡り、鉱山開発に取り組む決意をしました。再び証券界に戻ったのは22年後の1960年、63歳のときでした。

【関連記事】

最終更新:
LIMO