Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夏に収束」予想外れ 記録的な猛暑の米国で感染が増え続けているのはなぜか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

夏の暑さが新型コロナウイルスの感染拡大を収束させると考えてた科学者がいて、そしてトランプ米大統領は断言していた。しかし、現在米テキサス州、アリゾナ州、フロリダ州では気温が記録的に上昇し、40度を越える猛暑となっているにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染も拡大している。それは、なぜなのか? 写真:米ニューヨーク、1000床備えた仮設病院の内部が公開 夏になれば収束すると思われていたーー。 2020年2月、トランプ米大統領は「4月には気温の上昇と共にウイルスが消え去る、と多くの人が考えている」と主張。さらに数ヶ月後には、「体内に日光を取り込む」ことで太陽の驚異の力によってウイルスが死滅する、などという常識はずれの持論を展開した。 ところが、新型コロナウイルスもインフルエンザと同じく高温、日光、多湿によって消え去るだろうと推測したのは、トランプだけではない。多くの科学者もまた、第二波が予想される秋の終わり頃までの数ヶ月間は、感染が一段落するだろうと考えていたのだ。トランプの娘婿で大統領顧問も務めるジャレッド・クシュナーも2020年4月、「6月までに、全米のほとんどの地域は以前の状態に戻るだろう。そして7月までに米国が完全に復活することを願う」と発言している。 そして7月も中旬に差し掛かった今、どうなっているだろう。猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大は手に負えない状態で、米国内では330万人以上が感染し、死亡者数は13万5000人を超えた。感染拡大のホットスポットとなっているテキサス州、アリゾナ州、フロリダ州などは記録的な酷暑に襲われているが、ウイルスが夏の暑さで収束するというには程遠い状況だ。7月12日、フェニックス(アリゾナ州)では今年最高の46.7℃を記録した。またマイアミ(フロリダ州)でも7月7~10日は記録的な暑さに見舞われ、数週間前には1週間の気温が過去最高を記録した。筆者のいるテキサスでは、7月13日にアマリロとラボックで43.3℃、サンアントニオで41.7℃と今月最高の気温を記録したが、病院の遺体安置所が不足したために公衆衛生当局が冷蔵トラックを導入している状態だ。 ・トランプ氏がマスク工場視察、騒音の中で流れていた曲は「死ぬのは奴らだ」

【関連記事】