Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アフターコロナの恋愛は「対面なし」になるかもしれない。心の穴を埋める新しいカタチ

配信

ハフポスト日本版

未曾有のパンデミックは、人々の「恋愛のかたち」にも大きな影響を及ぼしています。 アフターコロナの世界では、「直接会わなくても恋愛できる」という価値観に変わっているかもしれません。 「オンライン恋愛」のメリットについて、ドイツ在住のフリーライター、雨宮紫苑さんがハフポスト日本版に寄稿しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 多くの国で外出自粛が呼びかけられ、ドイツに住むわたしのステイホーム生活ももう2ヶ月経つ。 そんな状況に順応するため、引きこもり生活でも気が滅入らないようにベランダでの読書を日課にし、定期的にラジオ体操をして体を動かすようにした。日本のみなさんも、身の回りの環境や考え方に、なにかしら変化が起こったのではないだろうか。 そういった変化のなかでわたしがとくに注目しているのが、「オンライン恋愛」だ。 他人との接触制限で気軽に人と会えなくなった現在。どうやら、オンライン婚活やWeb会議サービスのZoomお見合いなどが流行っているらしい。 もしオンラインを中心とした恋愛がさらに広まれば、アフターコロナの世界では、「恋愛において、必ずしも直接顔を合わせる必要はない」という価値観に変わっているかもしれない。

デメリットが少ない「オンライン婚活」の需要が高まっている?

「オンライン婚活やZoomお見合いが活発化している」という流行がいったいどれだけ広がっているかはさておき、わたし個人としては「さもあらん」という印象だ。 というのも、オンライン婚活はメリットが多い……というより、デメリットがとにかく少ないからだ。 オンライン通話なら、本名や住んでいる場所を教えなくていい。どこでなにをするかという事前のデートプランの相談も不要だし、気合いを入れておしゃれする必要もない。男性なら、負担して当たり前とされるお茶代を節約できるうえ、期待されがちなエスコートの負担からも解放される。 マッチングアプリなどでメッセージをやりとりして「じゃあ会いましょう」となっても、初対面で打ち解けるのに時間がかかる人もいるだろう。そもそも、デートをとりつけるまでのハードルが高い。 しかしオンラインであれば、「まずは1時間お話してみませんか」と誘いやすいし、最初は会話のネタをメモ帳に書いてデスクトップに表示させながら話してもいい。 というわけで、時間的にも金銭的にも負担が少ないオンライン婚活はとにかく気楽で気軽。そこで気が合ってから直接会えば、いきなり「はじめまして」と顔をあわせるより、楽しいデートができるだろう。 というわけで、「オンライン婚活が受け入れられるのも当然だなぁ」というのがわたしの考えだ。わたし自身、もし婚活サービスやマッチングアプリを使う機会があったら、「まずはオンラインでお話してみましょう」というスタイルのところがいいと思う。 もっと正直にいうと、直接会ってみて好みじゃなかったら、お互い時間とお金と労力がもったいないし。

【関連記事】