Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルセデス、スペインGPでもブリスターに悩まされる可能性「まだ原因を理解できていない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、F1 70周年記念GPでブリスターに悩まされ、ペースダウン……レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに勝利を奪われた。これはメルセデスにとって、今シーズン最初の敗北である。 【ギャラリー】青いフェラーリに黄&白のマクラーレン? 記憶に残るF1特別カラーリング10選  同チームのチーフ・レースエンジニアであるアンドリュー・ショブリンは、厳しかったF1 70周年記念GPについて、ブリスターによって最悪の結果に終わりそうだったチームには、再び暑いコンディションが予想されるスペインGPに向けて、様々な検討をしなければならないと認める。 「ブリスターが問題であることは分かっていた」  ショブリンはそう語った。 「我々は先週の時点でそのことを分かっていた。どんな温度で発生するかも分かっていたんだ。それは我々にとって、新しい情報でも何でもなかった」 「我々が分かっていなかったのは、中でもブリスターの問題が最悪な状態にあったということだ」 「そしてレッドブルは、その状況で最高のところにいるように見える。そしてそれは、我々が理解する必要のあるところだ。なぜならみんなが同じ状況に置かれたレースもあった。しかし今回は、なぜ我々だけが外れを引いてしまったのだろうか? 今のところ、その答えが分からない」 「緊急に解決しなければいけない問題がある。我々は火曜日にバルセロナに飛ぶ。そして金曜日から走り出すわけだが、30度くらいになるという予報が出ている。そして高いエネルギーが加わる、ここ(シルバーストン)のようになるんだ」  スペインGPには、C1、C2、C3とイギリスGPと同じ組み合わせのタイヤが持ち込まれることになっている。これがメルセデスにとって助けになるかもしれないとショブリンは認める。 「我々の側でそれを解決できなかった場合、おそらくC1タイヤを使えるということで、その状況を少し隠すことができるかもしれない。とはいえ、我々に”悲しみ”を引き起こしたタイヤも使わなければいけないし、それに関する問題を解決できていない」 「我々はレッドブルを見た。我々がベストを尽くしたとしても、彼らはレースでは、そう遠くないところにいる。正直なところ、我々は進歩しなければ、困った立場に置かれてしまう。だからこそ、少しでも早く解決すべきだという緊急性があるのだ」  メルセデスは、2018年にもシンガポールやメキシコで苦戦をした経験がある。こういうレースから多くのことを学んだと、ショブリンは語る。 「そういう悪いレースを経験した時、実際にはマシンのどこにパフォーマンスがあるのか、それについて教えてくれた」 「そして、我々が気づいていなかったメカニズムが、非常に重要であることを気付かせてくれた。そしてそれらのことは、将来の開発の基礎となるんだ」 「今学ぶことができたと言っているわけではない。今回のことは、簡単な問題ではないと思う」 「これは、昨年のマシンで苦しんだことではなかった。そして今年の車は、基本的には昨年のクルマの進化版だ。コンセプトを変えたところはない。同じ方向性での開発なんだ」 「現時点では、何が問題だったのかを理解できていない」

Adam Cooper

【関連記事】