Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ベストコスメ2020上半期】画面映えも間違いなし! ベスコス受賞コスメで美肌メイク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

下地から始まるツヤのレイヤードで オンライン上でも美人継続

「MAQUIA」8月号では、ベスコス受賞アイテムの使いこなし方を、ヘア&メイクアップアーティストAYAさんが提案。この夏の新たなメイク悩みを解決するコツを教えます! 【ベストコスメ2020上半期】受賞アイテムをチェック!

「オンライン上の会議や飲み会で美肌クイーンの座を射止めるにはツヤはマスト。手抜きはせず、下地、FD、ハイライト、アイシャドウ……と、4層で透明感のあるツヤをレイヤードすれば、画面映えは間違いなし」

下地部門2位:ジルスチュアート ビューティ イルミネイティング セラムプライマー 02

ラベンダーパールのプライマー。「肌にのせるとくすみを一瞬で飛ばして透明感をUP。一気に肌が冴えます」。SPF20・PA++ 30mL ¥3200

クッションファンデーション部門4位:ランコム タン クラリフィック クッションコンパクト H

透明感を引き出す生ツヤ感!「みずみずしくふっくらとしたハリ感が宿る」。SPF50+・PA+++ レフィル全3色 各¥5200、ケース¥1300

アイパレット部門2位:シャネル レ ベージュ パレット ルガール ウォーム

クリーミィでとろけるようなテクスチャーのベージュピンク系。「肩の力を抜いたツヤ感メイクを素敵に見せてくれる5色」¥7500

1 Aの下地は、まず顔全体に薄くのせる。さらに、FDの後はハイライトとして頬の上にのせツヤを足す。 2 BのクッションFDは、決してこすらず、スタンプを押すようにポンポンと肌全体になじませる。 3 Cのaをまぶた全体にのせて深みを出し、さらにbをアイホールと目頭横のくぼみにプラスする。   MAQUIA 8月号 撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 スタイリスト/河野素子 モデル/泉 里香 取材・文/鶴田由香 構成/萩原有紀(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【関連記事】