Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トランスジェンダーの“母”として生き抜いた草なぎ剛と内田英治監督の覚悟 映画『ミッドナイトスワン』インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 この役は他の人に渡したくないーー草なぎ剛がそう語るほど惚れ込み主演する映画『ミッドナイトスワン』が9月25日(金)より公開される。脚本を自ら書きメガホンをとったのはドラマ「全裸監督」(Netflix)の内田英治監督。草なぎが演じるのはトランスジェンダーとして生きる主人公・凪沙だ。  新宿のニューハーフショークラブでステージに立つ凪沙は、ある日、ネグレクトを受ける親戚の少女・一果を預かることになる。自らの“性”に葛藤し世間から疎外感を感じながら生きてきた凪沙は、自分と同じく孤独に生きてきた一果の苦悩と向き合い、彼女の才能に気付き応援するうちに愛を知り、初めて「母になりたい」と願うようになる。  慈しみ深い眼差しで凪沙として生きた草なぎと、覚悟を持って映画化を進めた内田監督に同作にかける想い、舞台裏を聞いた。

「実際に聞いた話をベースに」内田監督の徹底したリサーチと変化する草なぎの芝居が生んだリアリティ

 5年ほど前から脚本を書き始め企画が進んできた同作だが、当初キャスティングは難航していたという。しかし、「全裸監督」の撮影期間にカメラマンの山本英夫から草なぎの評判を聞き一気に動く。 「ロケバスで『仁侠ヘルパー』(フジテレビ系)でもカメラマンをされていた山本英夫さんから草なぎさんの話をたくさん聞きまして、興味がわきました。そして実際にお願いして、そこからはすごいスピードで実現しました」(内田監督)  草なぎは「本を読んで最高だなと(思った)。すぐにやりたい!」と快諾。普段からファーストインプレッション、直感を大事にしているが、凪沙役に関しては「他の人に渡したくない」と強く思ったという。 「何の涙かわからないけど、溢れてきて。僕は果たしてなんで泣いているんだろうと思った。全然説明的な話じゃないんだけど、それが僕にとってはめちゃくちゃリアルに感じました」(草なぎ)  草なぎが脚本を読んで感じた“リアル”は、内田監督の徹底した下準備にあった。 「僕は基本的に取材をめちゃくちゃするんです。かなりの数のトランスジェンダーの方に取材しました。政治家からダンサー、セックスワーカー、あらゆる職種、立場の方々にお話を聞きました。映画にも出てくる風俗産業もいろんなお店に行きましたし、出てくる話は実際に聞いた話をベースにしています」(内田監督)

【関連記事】