Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三連休も止まらぬ猛暑 熱中症に厳重警戒 東北は大雨のおそれ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 あす8日(土)からの三連休も熱中症に厳重な警戒が必要だ。  立秋のきょう7日は東京都心で気温が35℃を超えて、今年はじめての猛暑日となったが、厳しい暑さは連休中も続く見通し。  暦の上では秋でも、厳しい残暑が続くため、万全な暑さ対策が必要となる。

猛暑の立秋 37℃超えも

 きょう7日(金)も全国的に気温が高く、東日本や西日本を中心に猛烈な暑さとなっている。  午後2時までの最高気温は静岡で37.1℃、さいたまで36.1℃、宮崎で35.4℃など、東日本と西日本を中心に猛暑日になっている所がある。  あすからの三連休も東日本や西日本では広く33℃前後まで気温が上がり、35℃以上の猛暑日になる所もありそうだ。  暑さの蓄積で朝晩も気温が下がりにくく、夜中も気温が25℃を下回らない熱帯夜も続く見込み。  昼間だけでなく、朝晩も熱中症に警戒が必要となる。

日本海側に活発な雨雲 連休中は東北中心に大雨警戒

 きょう7日は台風から変わった低気圧の影響で北海道では宗谷地方を中心に活発な雨雲がかかり、礼文では1時間に50.5ミリの非常に激しい雨が観測された。  雨の中心はすでに山陰や近畿北部、北陸など本州の日本海側の地域に移っており、島根県では50年に一度の記録的な大雨になった所がある。

 あす8日からの連休中は特に東北で大雨になるおそれがある。  日本海側を中心に非常に激しい雨や雷雨になる所があり、8日朝までの24時間に予想される雨量は多い所で日本海側で120ミリ、太平洋側で60ミリ。  9日朝までの24時間予想雨量は多い所で、日本海側で100から200ミリ、太平洋側で100から150ミリとなっている。  土砂災害や河川の増水、氾濫、低地の浸水、落雷や突風などに注意、警戒が必要だ。 (気象予報士・多胡安那)

【関連記事】