Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

面倒、10万円給付スマホ申請

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Japan In-depth

【まとめ】

・「特別定額給付金」の申請をスマホでやってみた。 ・PCやスマホで申請できるが、マイナンバーカードが必要。 ・暗証番号入力も必須、時間もかかってかなり大変。

今回の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、家計支援として全国民に配られる「特別定額給付金」(以下、給付金)の申請はいつから始まるのだろうと思ってアプリを開いてみたら、筆者の住んでいる東京都世田谷区では5月2日からすでに始まっていた。申請開始は自治体によって異なるので各自住んでいる自治体のHP等で確認すると良い。

先日、給付金のネット申請に備えて、マイナンバーカードの暗証番号を再取得した経緯は報告した。(参考記事:「10万円給付とマイナンバーカード」)その際、スマホにアプリを二つダウンロードした。一つが、「マイナポータル」、もう一つが「マイナポイント」だ。給付金の申請は前者の「マイナポータル」から行う。

前回も書いたが、パソコンでやる場合、マイナンバーカードを読み取るためにカードリーダーライターが必要だ。持っていない人はスマホでやることになる。筆者はiPhoneで申請してみたので紹介する。 手順は以下の通りだが、かなり時間がかかるので覚悟したほうがいい。

■ スマホによる給付金申請手順 1 まず「マイナポータル」を起動し、「ぴったりサービス」をタップする。

2 「特別定額給付金」オンライン申請の画面に切り替わる。 「地域を選んでください」→郵便番号を入力し、「地域を検索」ボタンクリック。 3 「ぴったり検索」から「特別定額給付金」を選び、「この条件で探す」をクリック。 4 「特別定額給付金」申請画面に切り替わる。「申請する」をクリック。

5 「電子署名を付与しなかった場合、以下の手続きはぴったりサービスから申請できません。特別定額給付金申請に進んでもよろしいですか?」と聞いてくるので、OKをクリック。 6 「申請方法の確認 ぴったりサービスで申請する手続きの確認」画面が現れるので、「特別定額給付金 ※電子署名が必要」にチェックが付いていることを確認して、「次へ進む」をクリック。 7 「電子署名付与の動作環境確認」画面に行くので、  STEP1「OSの種類・バージョン」→対応しています。  STEP2「ブラウザの種類・バージョン」→対応しています。  STEP3「マイナポータルAPがインストールされています」にチェックを入れる。  STEP4「マイナンバーカードを持っています」と「署名用電子証明書の暗証番号を覚えています。又、ロックもしていません」にチェックを入れる。 最後に「次へすすむ」をクリック。

【関連記事】