Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

80’sアイドルが朝ドラ“母”役で存在感「エール」菊池桃子&薬師丸ひろ子、「あまちゃん」小泉今日子も

配信

ザテレビジョン

近年、80年代アイドル出身女優が連続テレビ小説で母親役を務め、注目を集めている。放送中の「エール」(毎週月~土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)では菊池桃子と薬師丸ひろ子がそれぞれ主人公とヒロインの母を好演中。キャリアを重ね、今また視聴者を虜にする80年代アイドル出身の朝ドラ“母”女優たちに注目する。 【写真を見る】“母”薬師丸ひろ子と、“娘”二階堂ふみ&松井玲奈&森七菜の4ショット!まさに美人家族!! ■ 菊池&薬師丸 正反対の母親像 「エール」では、主人公・古山裕一(窪田正孝)の母・まさを菊池桃子が、ヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の母・光子を薬師丸ひろ子が演じる。 まさは、三歩下がって夫を立てる良妻賢母タイプの女性。文通で知り合った音とスピード結婚しようとする裕一に反対する。 第26回(5月4日放送)では結婚の許しを乞う裕一に「あなたは、外国に何をしに行くの?そこに結婚は必要?」と厳しい言葉を投げかけ、第29回(5月7日放送)では裕一の夢を後押ししようとする音に「もう、傷つく裕一を見たくないんです。あなたも、子どもをもてばわかってくれる。成功を求めて傷つくより、身の丈にあった幸せを掴んでほしいの」と訴えかけた。 演じる菊池は1984年にアイドル歌手デビュー。同年の日本レコード大賞新人賞を受賞したのを皮切りにヒットチャートをたびたびにぎわせ、清純派アイドルとして人気を博した。 結婚後、2児の母となったのちは大学院で修士号を取得。2012年からは、女優業の傍ら母校の短大で客員教授として教べんをとる知性派女優として、新たな魅力を開花させている。 一方、薬師丸が演じる光子は早くに夫を亡くし、女手ひとつで家業と家族を守ってきた逞しい女性。「女性も自立すべきである」という進歩的な考えから音の夢を応援する、頼れる母だ。 第28回(5月6日放送)では、音を励ますため雷おこしをまるかじり!「割れなきゃ何べんでも噛むの!大事な人のためなら、向こうが呆れるほどやるの。諦めちゃいかん」と説教した。第23回(4月29日放送)で見せた裕一の父・三郎(唐沢寿明)との丁々発止のやりとりも視聴者を楽しませた。 薬師丸は1978年、角川映画「野性の証明」でスクリーンデビュー。その後、「セーラー服と機関銃」(1981年)、「探偵物語」(1983年)、「Wの悲劇」(1984年)などヒット作品を連発。歌手としても高い評価を得た。 2000年以降、再び女優・歌手として活動を開始。連続テレビ小説初出演作となった2013年の「あまちゃん」での“清純派の大女優”鈴鹿ひろ美役も好評を博し、「いだてん~東京オリムピック噺~」(2019年)で大河ドラマに初出演。宮藤官九郎脚本作品でコメディエンヌとしての才能も開花させた。 ■ 小泉今日子、原田知世、富田靖子…注目される“母”たち 朝ドラの母親役で注目を集めた80年代アイドルといえば、印象深いのが「あまちゃん」でヒロイン・天野アキ(能年玲奈/現・のん)の母・春子を演じた小泉今日子だ。 春子は18歳だった1984年にアイドル歌手を目指して岩手から上京した(※少女期は有村架純が演じた)だけあって、アイドル全盛期の音楽に精通していた。劇中では松田聖子や柏原芳恵らのヒット曲が流れ、春子自身も劇中歌「潮騒のメモリー」を歌うなど、作品全体にアイドル全盛期の香りが漂った。 小泉自身は1981年にオーディション番組「スター誕生!」がきっかけで芸能界入り。“花の82年組”の一人として「渚のはいから人魚」「なんてったってアイドル」などヒット曲を連発した、80年代アイドルを代表する一人だ。 「あまちゃん」で80年代の音楽を熱く語り、芸能事務所を作ってヒロイン・アキの芸能活動を後押しする春子を80年代アイドル出身の小泉が演じたことは、当時を知るファンにとって嬉しい“事件”となった。薬師丸ひろ子との共演も話題となり、ドラマをヒットに導く一因となった。 映画「時をかける少女」(1983年)や「私をスキーに連れてって」(1987年)など大ヒット作を飛ばした原田知世も、80年代に人気を博したアイドルであり朝ドラ“母”女優として再び注目を集めた一人だ。永野芽郁がヒロインを演じた「半分、青い。」(2018年)で、楡野鈴愛(永野)の幼なじみである萩尾律(佐藤健)の母・和子(わこ)を演じた。 おっとりしているようで突然金八先生のモノマネを披露するなどチャーミングな和子を好演。ドラマ終盤、病に冒された和子が“岐阜犬”のマイクを通して律と本音を語り合うシーンは、同作の名シーンの一つとなっている。 実は原田が朝ドラで母親役を務めるのは、「半分、青い。」が2度目。「おひさま」(2011年)でヒロイン・陽子(井上真央)の母・紘子を演じた。紘子は陽子の子ども時代に持病で他界。こちらも、はかなさの魅力で視聴者を虜にした。 「スカーレット」(2019-2020年)でヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の母・マツを演じた富田靖子も、アイドル的な人気を誇った一人だ。1983年に映画「アイコ十六歳」のオーディションでヒロインを勝ち取り、同年「オレンジ色の絵葉書」で歌手デビュー。理知的な雰囲気と舞台もこなす演技力で人気を呼んだ。 「スカーレット」では、夫・常治(北村一輝)を立てながらも喜美子の夢を応援する母を好演。娘たちに心配をかけまいと笑顔を絶やさない健気なキャラクターで、視聴者に愛された。 ■ 今の時代だからこそ輝く朝ドラ“母”女優たち 80年代アイドル出身の女優たちが朝ドラで母親役を演じることに、視聴者からは歓喜とも呼べる声が上がっている。 「エール」では「菊池桃子と薬師丸ひろ子がそろってお母さん役をやる時代がくるなんて」「毎日薬師丸ひろ子か菊池桃子が登場する『エール』は夢のようなドラマ!」など当時を知るファンの声に加え、「菊池桃子さんも薬師丸ひろ子さんも、主人公とヒロインに負けないくらい輝いてる。昔のアイドルはすごい」など、その魅力を改めて知る世代からも驚きの声が上がる。 同様に、富田が出演した「スカーレット」や原田が注目された「半分、青い。」、そして小泉と薬師丸を擁した「あまちゃん」放送時も、アイドル時代を知るファンからの感慨深げな声が飛び交っていた。 彼女たちが今ふたたび注目を集める理由のひとつが、変わらない美貌にあることはいうまでもない。さまざまな経験を重ねて身につけた演技力も大きな魅力だ。加えてアイドル当時を知るファンにとっては、10代の頃から憧れ、見守ってきたからこその親しみやすさも欠かせないポイントだろう。 だが、彼女たちの演じる朝ドラ“母親役”が広く愛される理由はそれだけではない。 男女平等の価値観が浸透しつつある中で、女性の人生をテーマにすることが多い朝ドラでの母親の役割も変わってきている。現代が舞台の作品はもとより、女性は控えめがよしとされていた大正・昭和初期が舞台の作品でも、「エール」の光子のように自分の意見を持ち、わが子の夢を積極的に後押しする個性的な母親が増えているのだ。 80年代に颯爽(さっそう)と現れて新時代を作ってきたアイドルたちの強さ・新しさは、そんな進歩的な母親像に重なる。一時代を築き、キャリアを重ねた今も色あせることない輝きを放つ彼女たちだからこそ、若い主人公たちの道を示す“かっこいい母親”にぴたりとハマるのだ。 今の時代だからこそ存在感を発揮する、80年代アイドル出身の朝ドラ“母”女優から目が離せない。(ザテレビジョン)

【関連記事】