Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

金谷拓実は1打及ばず「自分らしいプレーができなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフネットワーク

 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権は18日、米ニューヨーク州のウィングドフットゴルフコースで第2ラウンドが終了。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大4年)は3バーディ、8ボギーの「75」で回り、通算7オーバー63位タイで予選落ちとなった。 【動画】難コースでも好プレー連発!2日目前半ショットオブザデイ ー今日のラウンドを振り返って  今日は風が吹いて昨日よりも難しいコンディションの中で、自分らしいプレーができなかったので残念です。 ー大会前のイメージと違った?  違いは体感していないですけど、こういう難しい中でしっかり自分のプレーができなかったというのは力不足だと思うし、もっと練習しないといけないなと思います。 ー何か習得した部分は?  このコースを意識してもっともっと練習したいと思います。 ―今大会で得た経験は?  フェアウェイに置けないとチャンスが作れないコースなので、しっかりフェアウェイに打つことができなくてダメでした。もっと精度を上げていきたいなと思います。

【関連記事】