Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「実態が見えてこない」沖縄の新球団。 資金調達法や存在意義に迫る

配信

webスポルティーバ

沖縄からNPB参入を目指し、3年をかけてその機運を高めていく――。  2019年7月18日、沖縄初のプロ野球チームとして、琉球ブルーオーシャンズが発足した。  監督には元ロッテの清水直行、シニアディレクター兼打撃総合コーチに田尾安志を招聘したほか、亀澤恭平(元中日)、吉村裕基(元横浜、ソフトバンク)など元NPB選手も獲得している。まだ荒削りなチームではあるものの、2月29日に行なわれた巨人3軍とのオープニングゲームでは2-1で勝利を収め、可能性の片鱗を見せた。 【写真】ホークスの160キロ左腕がブレイクか。工藤監督の金言で制球難を克服  一方で、球団は特定のリーグに属さないという独自路線を打ち出しており、今後の球団運営についても注目が集まる。なぜこのタイミングで、どこにも属さないプロ野球チームを沖縄に作ったのか。その理由に迫りつつ、存在意義について考えていく。  琉球ブルーオーシャンズの球団代表は、東証1部上場の不動産会社・株式会社タカラレーベン元取締役の北川智哉が務める。「大学まで野球をやっていた」と話す北川がスポーツ事業に着目したのは、選手のセカンドキャリアのサポート体制に疑問を抱いていたからだ。 「野球に限らず、アスリートはその分野のスペシャリストです。しかし日本は、選手に対するセカンドキャリアの支援体制がまだ弱いと感じていました。メディアでは、ときどき成功している人が取り上げられますが、そんなに数は多くないですよね。  一定の成績を残した選手でも次のキャリアがうまくいかないのであれば、見えないところでもっと苦しい思いをしている人がいるはずです。前職の時から、『そういう人たちを何とかしてあげたい』という思いを持っていました」

引退した選手が企業にスムーズに就職できたとしても、「"元スポーツ選手"という看板がビジネスの世界で活用できるのは数年だけ」と北川は続ける。営業トークとして肩書が役に立つ期間も長くは続かない。そういった点を考えれば、引退したスポーツ選手がより長く輝ける場は、やはり「競技に携わること」になる。  そこで北川は、引退した野球選手の"受け皿"となり得るチームを、スポーツビジネスとしての勝算がある沖縄に作ることにした。  沖縄には毎年、一部期間や離島も含めるとNPB9チームが春季キャンプで訪れる。また、高校野球も盛んで興南高校や沖縄尚学高校などの強豪校がひしめいており、甲子園で上位に食い込むことも珍しくない。プロ野球選手も多く輩出しており、春季キャンプ中の試合に沖縄出身選手が出場すると、ひときわ大きな拍手が起こる。それだけ、県民にとってプロ野球は身近な存在だ。  さらに近年は、J2のFC琉球が約5000人、Bリーグの琉球ゴールデンキングスが約3000人の平均観客動員数を記録するなど、興行としてのスポーツも根づいてきた。  球団経営に必要な資金源となるスポンサーは、北川のビジネスの経験を生かして獲得を進めている。北川は前職時代、スポンサーとして楽天イーグルスに協賛しており、企業側の考え方や立ち位置も把握する。実際に、全国展開する大手企業から、地元沖縄の建設工事会社や居酒屋まで、幅広い企業が琉球ブルーオーシャンズのスポンサーに入った。

【関連記事】