Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

正しい上体の動きが自然と身に付く!? 藤田寛之が教える「ビハインド・ザ・ボール」の練習法を試してみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

週刊ゴルフダイジェスト誌上で連載中のマンガ「フジタの時間」。ベテランプロ・藤田寛之のレッスンをマンガでわかりやすく伝える同作で紹介されていた、「ビハインド・ザ・ボール」を身につける練習法を、シングルハンディの腕前を持つイラストレーターの野村タケオが実際に試してみた。 藤田寛之のドライバー連続写真はコチラから

ボール位置を右足つま先線上に置き、上体を残して打つ感覚を体で覚える

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。ゴルフのスウィングで昔から言われている「ビハインド・ザ・ボール」。ボールの後ろに頭を残せということですが、これがアマチュアにはなかなか難しい。どうしてもトップから切り返したときにボールを打ちに行ってしまうので、上体が突っ込んでしまう。分かっていても、なかなか直すのが難しいんですよ。 友達と一緒に練習してるのであれば、クラブで頭を押さえてもらえば練習はできるのですが、いつも誰かと練習しているわけではないし、ずっとそれをお願いするわけにもいかないしね。 週刊ゴルフダイジェスト7/28号の中に「フジタの時間」という藤田寛之プロの教えが描かれているマンガがあるのですが、ちょうどそこに一人でビハインド・ザ・ボールを練習する方法が載っていました。あの藤田プロが言っているのだから間違いないはず! さっそくやってみることにしました。

やり方はとても簡単。7番か8番アイアンを持ち、ボールを右つま先の前に置きます。そしてそのボールを70~80ヤード飛ばすくらいの意識で打つんです。そのショットを2球続けたら、今度はいつものボール位置にしてショットする。この3球を1セットにして繰り返し練習するんです。これをやることで上体を残したままボールを捉えるという感覚を体に覚え込ませることができるんですね。 右つま先の前にボールを置いて打ってみましたが、想像以上にボールが右にあってビビります。これを打とうと思うとかなり意識して右に頭をのこさないとボールに当たる気がしません。70~80ヤードを打つ感覚ですから、テークバックは腰くらいまでの感じですかね。しっかりと頭を残すイメージでハーフスイングすると、意外と上手く打てました。自然と少しハンドファーストになるような気もします。 2球右つま先前のボールを打ったあとに、いつものボール位置で1球打ちます。やはり慣れているボール位置だと安心しますね。ただ、右つま先前にボールがあるイメージで打ってみると、ボールにヘッドが届かず、トップ気味の球になっちゃうんです。それを無理に届かせようとすると、どうしても早めにリリースしてボールをすくうような動きになりがちで、これではせっかくビハインド・ザ・ボールができてもポコーンとした弱々しい球しか打てません。

【関連記事】