Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アフリカツメガエル」が大繁殖…国立公園で“池の水を全て抜く”捕獲作戦 in 和歌山

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

豊かな自然に囲まれた和歌山県田辺市の国立公園で、外来種の「アフリカツメガエル」が大繁殖。

危機感を募らせた地元の人たちは、池の水を全て抜く、大がかりな捕獲作戦を始めました。 徹底した駆除を進める背景には、何があるのでしょうか?

国立公園の池に…「外来種が大繁殖」

和歌山県田辺市の鳥ノ巣半島。 豊かな自然に囲まれた里山の風景が残り、国立公園に指定されています。

今、この半島に点在する池である異変が…

本来日本にいるはずのない外来生物、アフリカツメガエルが大繁殖しているのです。 そこで地元の人たちがとった行動は…なんと、ため池の水を全て抜いて駆除! なぜ、ここまで大掛かりな手段に出たのでしょうか。

“熱帯魚のエサ“や…動物実験でも取り扱い

手足のツメが特徴のアフリカツメガエル。一度に数千個の卵を生み繁殖力はとても強く、野外に放されると、ヤゴやゲンゴロウなどを食べつくし、生態系を乱す恐れがあるのです。

その一方で、飼育が簡単なためペットや熱帯魚のエサ、大学の実験動物など広く扱われています。

――Q:エサ用だったら何のエサ? 【観賞魚店は…】 「アロワナ系ですね(田辺市付近でかつて)アロワナを扱う店があちこちにあって、閉めた店も多くなり、そういう店が(アフリカツメガエルの)処分に困ったり、飼った人が大きくなりすぎて鳥ノ巣半島に放ったのかな」 鳥ノ巣半島では2007年に初めて生息を確認。 今では約40か所あるため池のうち、30か所以上に繁殖してしまいました。 【池の持ち主】 「駆除してもらったら結構やわな。在来種というのがなくなると寂しいですやん」

“底の泥に潜る“ので…根絶には「水を抜く」しか

危機感を持った和歌山県は去年、地元の高校や中学校の生物部などと協議会を作り、本格的な駆除を開始。今回、その取り組みに同行しました。

ここはアフリカツメガエルが目撃されたため池。

【記者リポート】 「今から池の水抜き作業が始まります。アフリカツメガエルは池の中にいるんでしょうか」 アフリカツメガエルは底にある泥に潜るため、根絶するためには水を抜くしかありません。 1日かけて底が見えてきました。

【関連記事】